macOS Catalina 10.15.6追加アップデート(19G2021)リリース。2件のバグ修正に対応。更新すべきか否か、サイズ、更新所要時間、更新内容、更新後不具合についてご紹介

2020年8月13日。前回のリリースから 4週間。macOS Catalina 10.15.6追加アップデート(19G2021)がリリースされました。2件のバグ修正が含まれるメンテナンスリリースとなっています。

本記事ではアップデートすべきか否か、サイズ、更新所要時間、更新内容、更新後不具合についてご紹介しています。

なお、同時にiPhone用OSのiOS 13.6.1、iPad用OSのiPadOS 13.6.1がリリースされています。

対応機種をお持ちの方で未確認の方は合わせてご確認ください。

macOS Catalina 10.15.6追加アップデート に更新すべき?待つべき?

前回のmacOS Catalina 10.15.6追加アップデートはメンテナンスリリースの位置づけとなります。

macOS Catalina 10.15.6追加アップデートには

  • 2件のバグ修正

が含まれています。セキュリティアップデートは含まれていません。

  • 当該問題が発生している方(仮想環境が不安定、5K iMac 27 2020で画面スリープ復帰後の不具合)
  • 最新版を追求している方

については、macOS Catalina 10.15.6追加アップデートへのアップデートを検討ください。

その他の方はまず2週間様子見するのはアリだと思います。

macOS Catalina 10.15.6追加アップデート への更新後の不具合の有無について

2020年8月18日16:00現在、

  • MacBook Retina 12-inch Early 2016
  • iMac 27-inch, Late 2013
  • MacBook Retina 12-inch Early 2015
  • MacBook Pro 13-inch, 2016, Two Thunderbolt 3 ports

にmacOS Catalina 10.15.6追加アップデートをインストールしましたが、

  • 起動しない
  • 再起動を繰り返す
  • 通信できない

などの不具合は発生していません。

その他、何か不具合を見つけた場合には更新します。

macOS Catalina 10.15.6追加アップデート のサイズ、更新所要時間は?

実機で確認したmacOS Catalina 10.15.6アップデートのサイズ、更新所要時間は次のとおりです。

# 機種 更新前
バージョン
サイズ 全体
所要時間
ダウンロード
所要時間
インストール
所要時間
更新後
バージョン
1 Macbook Retina,
12-inch, Early 2016
19G73 2.8GB 43分 4分
※1
 39分 19G2021
2 iMac 27-inch,
Late 2013
19G73 2.8GB 48分 3分
※2
45分
※3
19G2021
3 Macbook Retina,
12-inch, Early 2015
19G73 2.8GB 39分 5分
※2
34分 19G2021
4 MacBook Pro 13-inch,
2016, Two Thunderbolt 3
ports
19G73 2.8GB 31分 5分
※2
26分 19G2021

※1:Wi-Fiを利用
※2:有線LANを利用
※3:再起動時USB-HDD/SSDの影響でリブートできず対応したため正確な時間は不明

最低1時間、できれば1時間半Macを使わずに済む時間を確保ください。

TimeMachineによるバックアップを行う場合にはプラスαでバックアップする時間を確保してください。

Macbookに関しては、

  • 安定・高速なWi-FI接続、または、有線LAN
  • 電源

環境を整えた上で作業することを強く推奨します。

しかし、19G73から19G2021とは、バージョン番号の高インフレが進んでますな、、、

macOS Catalina 10.15.6追加アップデート の修正内容について

「ソフトウェア・アップデート」の画面には次のように表示されます。

「詳しい情報…」をクリックすると詳細が表示されます。

macOS Catalina 10.15.6のMacbookでは2.8GBのサイズとなっています。

下の詳細ウインドウを確認すると更新内容として2件のパグ修正の記述が含まれています。

公式サイトには日本語・英語ともにmacOS Catalina 10.15.6追加アップデートの情報を見つけることができませんでした。

macOS Catalina 10.15.6追加アップデート のセキュリティコンテンツについて

公式サイト「Apple セキュリティアップデート」には2020年8月13日17:15現在日本語の記述がありません。英語の「Apple security updates」には、

macos Catalina 10.15.6 Supplemental Update … This update has no published CVE entries.

と記載されており、目立ったセキュリティアップデートはありません。

macOS Catalina 10.15.6追加アップデート 更新手順

1.【システム環境設定】アイコンをクリックし起動します。

2.【ソフトウェア・アップデート】アイコンをクリックします。

3.「このMac用のアップデートがあります macOS 10.15.6追加アップデート」と表示されることを確認します。

4.【今すぐアップデート】をクリックします。

5.【ダウンロードして再起動】をクリックします。

6.自動的にダウンロードが開始されます。

7.ダウンロードが完了したら【今すぐアップデート】をクリックします。

8.【再起動】をクリックします。

自動的に再起動、インストールが実施されます。

9.ログイン後「このMacは最新の状態です - macOS Catalina 10.15.6」と表示されることを確認します。

以上でmacOS Catalina 10.15.6追加アップデートのインストールは完了です。

macOS Catalina 10.15.6追加アップデート 適用確認方法

macOS catalina 10.15.6追加アップデートがインストールされているか確認するには次の手順で確認します。

1.メニューバーの【リンゴマーク】をクリックします。

2.【このMacについて】をクリックします。

3.macOS Catalina バージョン 10.15.6と表示されることを確認します。

4.【システムレポート…】をクリックします。

5.左ペインをスクロールし【ソフトウェア】をクリックします。

6.「システムのバージョン」が「macOS 10.15.6 (19G2021)」と表示されることを確認します。

さらに、左ペインで「ソフトウェア」→「インストール」の順にクリックし、右ペインのソフトウェア名に「macOS Catalina 10.15.6追加アップデート」と表示されることを確認します。

以上で確認は終了です。

おわりに

iMac 27-inch, Late 2013、Macbook 12-inch, Early 2016にmacOS Catalina 10.15.6追加アップデートをインストールしましたが、特に気づく不具合は発生していません。

何か不具合があった場合には更新していきます。

では、今回はこの辺で。

この記事、本ブログを気に入っていただけましたら、応援クリックいただけると泣いて喜びます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

このページの先頭へ戻る ▲


 

macOSリリース履歴