iOS 13.6.1(17G80)リリース。3件のバグ修正に対応。アップデートすべきか否か、更新内容、時間、更新後の不具合の有無についてご紹介

2020年8月13日。前回のリリースから 4週間。iOS 13.6.1(17G80)がリリースされました。3番目の数字が変更されるメンテナンスリリースで、 3件のパグ修正およびその他の改善が含まれています。セキュリティ問題への対応は含まれていません。

iOS 13.6.1にアップデートすべきか否か、サイズ、更新内容、所要時間、更新後不具合などについて記載しています。

また、同日にiPad用のOS、iPadOS 13.6.1、Mac用のOS、macOS Catalina 10.15.6 追加アップデートがリリースされています。

対象機種をお持ちの方は合わせてご確認ください。

iOS 13.6.1 アップデートすべき?待つべき?

iOS 13.6がリリースされてから4週間。今回は3番目の数字が変更されるメンテナンスリリースです。

3件のバグの修正が含まれますが、セキュリティアップデートはありません。

以上より、

  • 該当するバグに直面している方
  • 最新版を追い続けている方

についてはアップデートをオススメします。

それ以外の方、特に慎重派の方はあと2週間、8/27(木)まで様子を見てください。

iOS 13.6.1 アップデート後の不具合について

2020年8月13日15:15現在、手元にあるiOS 13.6のiPhone 11 Pro MaxをiOS 13.6.1にアップデートしましたが、

  • 文鎮化する
  • 起動しない
  • 再起動を繰り返す

などの不具合は発生しませんでした。

AppleのCommunitiesで「13.6.1」で検索してみましたが、今のところ重大な問題は確認できていません。

参考 Search - Apple Communitydiscussions.apple.com

その他、不具合については気づいたら更新します。

iOS 13.6.1 サイズとアップデート所要時間、更新後のパージョンについて

今回のiOS 13.6.1のリリースに伴い、手持ちのiOS 13.6のiPhone 11 Pro Maxのアップデートを実施しました。

アップデートのサイズや所要時間はアップデート前の環境、通信環境に大きく依存しますが次のとおりです。

機種 更新前
バージョン
サイズ 全体
所要時間
ダウンロード
所要時間
インストール
所要時間
更新後
バージョン
iPhone 11
Pro Max
iOS 13.6
(17G68)
不明 17分 6分
※1
11分 iOS 13.6.1
(17G80)

※1:Wi-Fiを使用
※2:自動的にダウンロードが開始されており正確な時間は不明

アップデートする際には、

  • 最低30分、できれば1時間以上iPhoneを使用しなくて済む時間
  • 最低20%充電されていること
  • 電源に接続された環境
  • 安定したWi-Fi環境

を確保した上でアップデートをしてください。

iOS 13.6.1の更新内容について

iPhone上ではソフトウェア・アップデートで次の画面が表示されます。

残念ながら今回はアップデートの自動ダウンロードが有効になっていたため、iOS 13.6.1のサイズを確認できませんでした。

注意
サイズは、機種ならびに現在のパージョンによりサイズが異なります。

同画面下部の「詳しい情報」をタップすると詳細を確認できます。

公式サイトの「iOS 13 のアップデートについて」の「iOS 13.6.1」も同じ記述で、3件のバグの修正を確認できます。

iOS 13.6.1 のセキュリティアップデートについて

公式サイト「Appleセキュリティアップデート」を確認すると日本語版の情報は2020年8月13日15:00時点で掲載されていないため、英語の情報「Apple security updates」を確認すると

iOS 13.6.1 … This update has no published CVE entries.

と記載されており、目立ったセキュリティアップデートはないようです。

iOS 13.6.1 更新手順

1.【設定】アプリを起動します

2.【一般】をタップします

3.【ソフトウェア・アップデート】をタップします

4.「iOS 13.6」となっていること、サイズを確認し【ダウンロードしてインストール】をタップします

MEMO
今回筆者の環境ではiOSアップデートの自動ダウンロードが有効になっていたため、【ダウンロードしてインストール】をタップすることなく、表示した時点で勝手にダウンロードが開始していました。

自動アップデートの設定については「自動アップデートの設定について」を参照ください。

5.ソフトウェアのダウンロードが開始されます

アップデートが要求され、、、

アップデートファイルがダウンロードされ、、、

ファイルが展開準備されます。

6.ダウンロードが完了したら【今すぐインストール】をタップします

MEMO
iOS 13.5まではダウンロード完了した後でも画面にサイズが表示されていましたが、今回は「ダウンロード済み」と表示され、サイズを確認できませんでした。改悪や、、、

7.パスコードを入力します

8.インストール、再起動が自動的に行われます

9.待ち受け画面が表示されます

今回筆者の環境では待ち受け画面に「iPhoneはiOS 13.6.1にアップデートされました」と表示されませんでした。

待ち受け画面が表示されればアップデートは完了しています。

iOS 13.6.1 にアップデートされたことの確認手順

ソフトウェア・アップデートでの確認

1.【設定】アプリを起動します

2.【一般】をタップします

3.【ソフトウェア・アップデート】をタップします

4.「iOS 13.6.1 お使いのソフトウェアは最新です」と表示されることを確認します

情報画面での確認手順

1.【設定】アプリを起動します

2.【一般】をタップします

3.【情報】をタップします

4.「システムバージョン」に「13.6.1」と表示されることを確認します

「13.6.1」をタップするとバージョン詳細が表示されるので「13.6.1 (17G80)」と表示されることを確認します。

自動アップデートの設定について

iOS 13.6から自動アップデートの設定がダウンロードとインストール分けて設定できるようになっています。

意図しないダウンロード・アップデートが行われる可能性があるため確認しましょう。

筆者の環境で「iOSアップデートをダウンロード」が有効になっていたため、iOS 13.6.1のサイズがわからないままダウンロードが開始されてしまいました。

設定1:自動アップデートしない

iOSのアップデートを自分ですべてコントロールしたい場合は

  • iOSアップデートをダウンロード … 無効

にします。

設定2:アップデートのダウンロードのみ自動で行う(デフォルト?)

自分のアップデートしたいタイミングでアップデートしたい。ただし、ダウンロードは勝手に行っても良い。という場合には

  • iOSアップデートをダウンロード … 有効
  • iOSアップデートをインストール … 無効

に設定します。

iOSアップデートのダウンロードはWiFi接続している場合にのみ自動的にダウンロードされます。

筆者の環境ではこの設定となっていました。

設定3:アップデートはiPhoneにまかせる

iOSアップデートのダウンロードもインストールもiPhoneにまかせたい場合に設定します。

  • iOSアップデートをダウンロード … 有効
  • iOSアップデートをインストール … 有効

iOSアップデートのダウンロードはWiFi接続している場合にのみ自動的にダウンロードされます。

また、iOSアップデートのインストールはiPhoneが充電器&WiFIに接続されている場合に夜間に自動的に実行されます。

おわりに

メジャーリリースであった前回のリリースから4週間で今回のメンテナンスリリース。

ここ数年の傾向からすると、来月下旬の新機種発売の1週間前に、現行機種向けにiOSの新しいバージョン、今回だとiOS 14がリリースされるはずです。

が、コロナの影響で新機種の発売が後ろ倒しになる可能性が高い状況です。

それまでの間に重大なセキュリティ問題や不具合が見つかった場合には、もう1回ぐらいメンテナンスリリースがあるかもしれません。

果たしてどうなるか。ウォッチを続けます。

では、今回はこの辺で。

この記事、本ブログを気に入っていただけましたら、応援クリックいただけると泣いて喜びます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

このページの先頭へ戻る ▲


 

iOSリリース履歴