iOS 14.5.1(18E212)リリース。1件の不具合の修正、2件のセキュリティ問題(CVE)に対応したマイナーアップデート。AirTagなど新製品に対応。アップデートすべきか否か、サイズ、更新内容、時間、更新後不具合の有無についてご紹介

2021年5月4日。前回のリリースから1週間。iOS 14.5.1(18E212)がリリースされました。1件の不具合の修正、2件のセキュリティ問題(CVE)に対応したマイナーアップデートです。

iOS 14.5.1にアップデートすべきか否か、サイズ、更新内容、所要時間、更新後不具合などについてご紹介しています。

また、同日にiPad用のiPadOS 14.5.1、Apple Watch用のwatchOS 7.4.1、Mac用のmacOS Big Sur 11.3.1もリリースされてますので、対応機種をお持ちの方は合わせてご確認ください。

注意
iPhone 5s/6/6 PlusならびにiPod touch 第6世代をご利用の方は、今回のセキュリティ問題+αに対応したiOS 12.5.3がリリースされてますので、アップデートすることをオススメします。

 

iOS 14.5.1 アップデートすべき?待つべき?

前回、iOS 14.5がリリースされてから1週間。3番めの数字が付加されるマイナーアップデートがリリースされました。

iOS 14 のアップデートについて」の「iOS 14.5.1」を見ると、アプリのトラッキングの透明性に関する問題の修正1件が含まれています。

また、「Appleセキュリティアップデート」で「About the security content of iOS 14.5.1 and iPadOS 14.5.1」を見ると、1件のカテゴリで2件のセキュリティ問題(CVE)への対応が含まれています。

特に今回のセキュリティ問題への対応は 今回のリリース前に悪意ある攻撃=ゼロデイ攻撃された問題への対応となっています。

今回、マイナーアップデートということもあるので、iOS 14.5.1にアップデートしても良いのは次の方です。

  • iOS 14.5の方
  • セキュリティ意識が高い方

特にiOS 14.5の方はアップデートすることをオススメします。

反対にアップデートはしばらく控えた方が良いのは次の方です。

  • 慎重派の方
  • 問題が起きた時に対応できない方
  • 仕事で専用サイト、アプリを利用されている方

予想通り?前回のリリースから1週間で今回のマイナーアップデートがリリースされています。あと3週間程度は様子見することをオススメします。

iOS 14未満の方はアプリがiOS 14以降に対応していることを確認してからアップデートをご検討ください。

 

iOS 14.5.1 アップデート後の不具合について

2021年05月4日22:30現在、手元にあるiOS 14.5のiPhone 12 Pro MaxをiOS 14.5.1にアップデートしましたが、

  • 文鎮化する
  • 起動しない
  • 再起動を繰り返す

などの不具合は発生していません。

その他、不具合については気づいたら更新します。

 

iOS 14.5.1 サイズとアップデート所要時間、更新後のパージョンについて

今回のiOS 14.5.1のリリースに伴い、手持ちのiOS 14.5のiPhone 12 Pro Maxのアップデートを実施しました。(iPhone 7 Plusもアップデート予定のため表に記載)

アップデートのサイズや所要時間はアップデート前の環境、通信環境に大きく依存しますが次のとおりです。

# 機種 更新前
バージョン
サイズ 全体
所要時間
ダウンロード
所要時間
インストール
所要時間
更新後
バージョン
1 iPhone 12
Pro Max
iOS 14.5
(18E199)
133.1MB 16分 7分
※1
9分 iOS 14.5.1
(18E212)
2 iPhone 7
Plus
iOS 14.5
(18E199)
–.-MB –分 –分
※1
–分 iOS 14.5.1
(–)

※1:Wi-Fiを使用
※2:別件作業により正確な時間確認できず最大時間

アップデートする際には、

  • 最低30分、できれば60分以上iPhoneを使用しなくて済む時間
  • 最低20%充電されていること
  • 電源に接続された環境
  • 安定したWi-Fi環境

を確保した上でアップデートをしてください。

MEMO
特にストレージの空き容量が少ない場合、時間がかかる傾向があります。 ストレージの空き容量が少ない場合には画像や音楽などのデータを削除する、アプリを削除する等の対応をご検討ください。

 

iOS 14.5.1 の更新内容について

iPhone上では【ソフトウェア・アップデート】画面で次のように表示されます。

iOS 14.5のiPhone 12 Pro Maxでのサイズは133.1MBでした。

注意
サイズは、機種ならびに現在のパージョンによりサイズが異なります。

「詳しい情報」をタップするとこのアップデートのについての詳細が表示されます。

iOS 14 のアップデートについて」の「iOS 14.5.1」にも同様の記述があり、

このアップデートを適用すると、一部のユーザが以前に“設定”で“Appからのトラッキング要求を許可”を無効にしていた場合に、その設定を有効に戻してもAppからの要求が表示されないことがあるという、Appのトラッキングの透明性に関する問題が修正されます。

このアップデートには重要なセキュリティアップデートも含まれており、すべてのユーザに推奨されます。

と、アプリのトラッキングの透明性に関する1件の問題の修正が含まれています。

また重要なセキュリティアップデートが含まれていることもわかります。

MEMO
iOS 14のビジュアル的な紹介は「iOS 14 – Apple (日本)」や「iOS 14で利用できる新機能。」をご確認ください。

 

iOS 14.5.1 のセキュリティアップデートについて

公式サイト「Appleセキュリティアップデート」で「About the security content of iOS 14.5.1 and iPadOS 14.5.1」を見ると、iOS 14.5.1には1件のカテゴリ(WebKit)に対して2件のセキュリティ問題(CVE)への対応が含まれていることが確認できます。

# カテゴリ 件数 CVE番号 iPhone
対象機種
iPod touch
対象機種
1 WebKit 1件 CVE-2021-30665
CVE-2021-30663
iPhone
6s以降
iPod touch
第7世代

悪意あるWebページを表示する際にメモリ破壊や整数のオーバーフローを発生させることにより、任意のコードが実行される可能性がある問題を修正しています。

 

iOS 14.5.1 への更新手順


1.【設定】アプリを起動します

2.【一般】をタップします

3.【ソフトウェア・アップデート】をタップします

4.「iOS 14.5.1」となっていることと、サイズを確認し【ダウンロードしてインストール】をタップします

4.パスコードを入力します

5.ソフトウェアのダウンロードが開始されます

アップデートが要求され、、、

アップデートファイルがダウンロードされ、、、

アップデートファイルが展開・準備されます。

6.ダウンロードが完了したら【今すぐインストール】をタップします

7.アップデートの検証後、インストール、再起動が自動的に行われます

8.待ち受け画面が表示されます

ホーム画面が表示されればアップデートは完了しています。

MEMO
待ち受け画面に「ソフトウェア・アップデート iPhoneはiOS 14.5.1にアップデートされました」と表示される場合があります。

iOS 14.5.1 にアップデートされたことの確認手順

ソフトウェア・アップデートでの確認

1.【設定】アプリを起動します

2.【一般】をタップします

3.【ソフトウェア・アップデート】をタップします

4.「iOS 14.5.1 iOSは最新です」と表示されることを確認します

 

情報画面での確認手順

1.【設定】アプリを起動します

2.【一般】をタップします

3.【情報】をタップします

4.「システムバージョン」に「14.5.1」と表示されることを確認します

「14.5.1」をタップするとバージョン詳細が表示されるので「14.5.1 (18E212)」と表示されることを確認します。

 

おわりに

前回のメジャーアップデートiOS 14.5のリリースから1週間でのマイナーアップデートiOS 14.5.1のリリース。

特にセキュリティ問題への対応については旧機種向けのセキュリティアップデートiOS 12.5.3がリリースされるなど、緊急性・重要性の高いものとなっています。

特にiOS 14.5にされた方はバージョンアップすることをオススメします。

では、今回はこの辺で。

この記事、本ブログを気に入っていただけましたら、応援クリックいただけると泣いて喜びます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

このページの先頭へ戻る ▲


 

iOSリリース履歴