MENU

iOS 15.3(19D50)リリース。バグ修正、10件のセキュリティ問題に対応したメジャーリリース。アップデートすべきか否か、サイズ、更新内容、時間、更新後不具合の有無についてご紹介

2022年1月27日。iOS 15.3(19D50)がリリースされました。iPhoneのバグ修正、10件のセキュリティ問題(CVE)への対応したメジャーリリースです。

実際に手持ちのiPhoneをアップデートした結果を踏まえて、iOS 15.3にアップデートすべきか否か、サイズ、更新内容、所要時間、更新後不具合などについてご紹介します。

また、同日にiPad用のiPadOS 15.3、Apple Watch用のwatchOS 8.4、Mac用のmacOS Monterey 12.2もリリースされています。対象機器をお持ちの方は合わせてご確認ください。

クリックできる目次

iOS 15.3 アップデートすべき?待つべき?

iOS 15.2.1がリリースされてからちょうど2週間。2番目の数字が変更されるメジャーアップデートです。

iOS 15 のアップデートについて」の「iOS 15.3」を見ると、iPhone用のバグ修正が行われていると記載されていますが、詳細については記載されていません。

Appleセキュリティアップデート」で「iOS 15.3 and iPadOS 15.3」を見ると、 8つのカテゴリで10件のセキュリティ問題(CVE)に対応しているのがわかります。

更新後のバージョンをみると、「19C63」から「19D50」とアルファベットが1文字次に進んでいるのでメジャーアップデートに違いはありません。

しかしながら、新機能の追加や機能改善に関する情報はなく、今までの感覚からするとメンテナンスリリースに近い印象を受けます。

でも、メジャーアップデートなんですよね、、、

セキュリティ関係の修正の重要度が高く緊急リリースに近い形だったのかもしれません。

上記を踏まえiOS 15.3にアップデートしても良いのは次の方です。

アップデートしても良い方
  • セキュリティ意識の高い方
  • 常に最新版を利用したい方
  • 不具合が発生した場合に自分で対処出来る方

アップデートをしばらく控えた方が良いのは次の方です。

アップデートを控えた方が良い方
  • 慎重派の方
  • 問題が起きた時に対応できない方
  • 仕事で専用サイト、アプリを利用されている方
  • 会社がiPhone管理をしている方

一応メジャーアップデートなので不具合発生する可能性は少し高いかと思うので最低2週間、実際には1ヶ月ぐらい待っても良いかと考えています。

仕事、会社でiPhoneを利用している方は、管理アプリでバージョンアップが出来ないように制限されている場合があるので、OKが出るまではアップデートを控えることをオススメします。

iOS 15.3 アップデート後の不具合について

2022年1月29日17:00現在、手元にあるiPhone 12 Pro Max、iPhone 7 PlusをiOS 15.2.1から15.3にアップデートしましたが、

  • 文鎮化する
  • 起動しない
  • 再起動を繰り返す

などの不具合は発生していません。

その他、不具合については気づいたら更新します。

iOS 15.3 のサイズとアップデート所要時間、更新後のパージョンについて

今回のiOS 15.3のリリースに伴い、手持ちのiPhone 12 Pro Max、iPhone 7 Plusのアップデートを実施しました。

アップデートのサイズや所要時間はアップデート前の環境、通信環境に大きく依存しますが次のとおりです。

スクロールできます
#機種更新前
バージョン
サイズ全体
所要時間
ダウンロード
所要時間
インストール
所要時間
更新後
バージョン
1iPhone 12
Pro Max
iOS 15.2.1
(19C63)
917.1MB45分29分
※1
16分iOS 15.3
(19D50)
2iPhone 7
Plus
iOS 15.2.1
(19C63)
761.8MB50分23分
※2
27分iOS 15.3
(19D50)
※1:格安SIM利用モバイルルーター経由のWi-FIを使用

アップデートする際には、

  • 最低60分、できれば90分以上iPhoneを使用しなくて済む時間
  • 最低20%の充電
  • 電源に接続された環境
  • 安定したWi-Fi環境

を確保した上でアップデートしてください。

メモ

特にストレージの空き容量が少ない場合、時間がかかる傾向があります。 ストレージの空き容量が少ない場合には画像や音楽などのデータを削除する、アプリを削除する等の対応をご検討ください。

iOS 15.3 の更新内容について

iPhone上では【ソフトウェア・アップデート】画面で次のように表示されます。

注意

サイズは、機種ならびに現在のパージョンによりサイズが異なります。

iOS 15.2.1のiPhone 12 Pro Maxでは977.7MB、iPhone 7 Plusでは761.8MBでした。

今回は「詳しい情報」はなく、ソフトウェア・アップデートの画面で1件のバグ修正とセキュリティアップデートが含まれていることがわかります。

iOS 15 のアップデートについて」の「iOS 15.3」も同様の記述となっています。

バグ修正に関する細かな情報は記載されていません。

メモ

iOS 15のビジュアル的な紹介は「iOS 15 – Apple (日本)」や「iOS 15で利用できる新機能」をご確認ください。

iOS 15.3 のセキュリティアップデートについて

公式サイト「Appleセキュリティアップデート」で「iOS 15.3 および iPadOS 15.3」を見ると、iOS 15.3には8つのカテゴリで20件のセキュリティ問題(CVE)への対応が含まれています。

#カテゴリ件数CVE番号対象iPhone対象iPod touch
1ColorSync1CVE-2022-225846s以降第7世代
2Crash Reporter1CVE-2022-225786s以降第7世代
3iCloud1CVE-2022-225856s以降第7世代
4IOMobileFrameBuffer1CVE-2022-225876s以降第7世代
5Kernel1CVE-2022-225936s以降第7世代
6Model I/O1CVE-2022-225796s以降第7世代
7WebKit3CVE-2022-22589
CVE-2022-22590
CVE-2022-22592
6s以降第7世代
8WebKit Storage1CVE-2022-225946s以降第7世代

iOS 15.3 への更新手順

iOS 15.3 にアップデートされたことの確認手順

ソフトウェア・アップデートでの確認

情報画面での確認手順

おわりに

前回のリリースからちょうど2週間でのリリースとなっていますが、メジャーリリースの割には新機能や機能改善に関する情報はなくメンテナンスリリースのような印象を受けています。

と言っても、サイズはiPhone 12 Pro Maxだと1GB近くあったりするので、セキュリティに重大な問題があって緊急でリリースしたのかもしれません。

今回はメジャーリリースである割には、メンテナンスリリースのような印象を受けています。

が、セキュリティ問題への修正内容を見ていると、どれも対応しないと危険なものばかりな印象を持ったので、緊急リリースに近い形だったのかもしれません。

アップデートできるならアップデートするに越したことはないと考えます。

その他、不具合など見つけた際には更新します。

では、今回はこの辺で。

この記事、このサイトを気に入っていただけましたら、応援クリックをいただけると、筆者が泣いて喜びます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

iOS リリース履歴

注意

基本的に日本でリリースされた日を掲載しています。

この記事、このサイトを気に入っていただけましたら、応援クリックをいただけると、筆者が泣いて喜びます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コンピュータ会社に勤めるサラリーマン。
Apple製品、電子小物など、新しいものが大好き。
インターネットビジネス、ブログ運営など、学ぶことが大好き。
グルメ、旅行、映画鑑賞、音楽鑑賞など、楽しむコトが大好き♪
でぐっちの知見と体験が世の中に広まり、役に立つことを願って。

クリックできる目次
閉じる