iOS13.5(17F75)リリース。2件のバグ修正と改善。フェイスマスクしてるときFace ID認証失敗ですぐパスコード認証に切り替わる!更新すべき?待つべき?更新後の不具合の有無についてご紹介

2020年5月21日。約1ヶ月半振りにiOS 13.5(17F75)がリリースされました。iOS 13.4.1からなのでメジャーリリースとなります。

今回、一番嬉しい&話題なのはフェイスマスクをしているときFace ID認証するとリトライすることなくすぐにパスコード認証になること。

iOS 13.5にアップデートすべきか否か、サイズ、更新内容、所要時間、更新後不具合などについて記載しています。

基本的に同じ内容となりますが、iPad用のOSであるiPadOSもiPadOS 13.5がリリースされています。

数日前に同系列OSであるwatchOS 6.2.5がリリースされました。が、macOSについては今のところアップデートは出ていません。

iOS 13.5 アップデートすべき?待つべき?

前回、iOS 13.4.1がリリースされてから1ヶ月半弱。

今回は2番目の数字が変更されるメジャーリリース。

メジャーリリースということで、機能追加といくつかのバグの修正とセキュリティ問題が含まれています。

一番大きな機能追加はFace ID認証でフェイスマスクの有無を検知し、マスク使用時すぐにパスコード認証する機能が追加されたこと。

iPhone X/XS/11シリーズを利用している方は、これだけでアップデートする価値はあると思います。

ということで、

  • iPhone X/XS/11シリーズをお使いの方
  • FaceTimeをお使いの方

はアップデートしても良いです。

ただし、メジャーリリースということで、大きな不具合が発生する可能性もあるので、慎重派の方は2週間程度様子見することをオススメします。

iOS 13.5 アップデート後の不具合について

2020年5月21日12:00現在、手元にあるiOS 13.4.1のiPhone 11 Pro MaxをiOS 13.5にアップデートしましたが、

  • 文鎮化する
  • 起動しない
  • 再起動を繰り返す

などの不具合は発生しませんでした。

Appleのコミュニティサイトを確認したところ、

という現象が報告されていましたがFace IDの再セットアップを試してみろ。という回答がされています。

不具合ではありませんが、Face ID失敗時にパスコード認証に切り替わる機能は、Apple純正以外のアプリではまだ対応がほとんど出来ていないため、例えば、

  • 三菱UFJ銀行アプリでマスクをした状態でFace ID認証を複数回失敗した場合に生体認証機能がオフになる

現象には遭遇しています。

すべてのアプリが対応している訳ではないことを頭の片隅に置いといてください。

その他の不具合については気づいたら更新します。

iOS 13.5 サイズとアップデート所要時間、更新後のパージョンについて

今回のiOS 13.5のリリースに伴い、手持ちのiOS 13.4.1のiPhone 11 Pro Maxのアップデートを実施しました。

アップデートのサイズや所要時間はアップデート前の環境、通信環境に大きく依存しますが次のとおりです。

機種 更新前
バージョン
サイズ 全体
所要時間
ダウンロード
所要時間
インストール
所要時間
更新後
バージョン
iPhone 11
Pro Max
iOS 13.4/1
(17E262)
420.2MB 51分以内 10分
※1
不明
(40分以内)
iOS 13.5
(17F75)

※1:Wi-Fiを使用

アップデートする際には、

  • 最低50分、できれば1時間半以上iPhoneを使用しなくて済む時間
  • 最低20%充電されていること
  • 電源に接続された環境
  • 安定したWi-Fi環境

を確保した上でアップデートをしてください。

iOS 13.5 更新内容について

iPhone上ではソフトウェア・アップデートで次の画面が表示されます。

iOS13.4のiPhone 11 Pro Maxでは420.2MBでした。

注意
サイズは、機種ならびに現在のパージョンによりサイズが異なります。

「詳しい情報」をタップすると詳細を確認できます。

機能としては、

  • Face IDとパスコード
  • 接触通知
  • FaceTime

で新機能が追加されています。

また、2件のバグ修正と改善が含まれています。

まだ、公式サイトの「iOS 13 のアップデートについて」の「iOS 13.5」には詳細が記載されていませんが、英語サイトには上記の内容が記載されているので、いすれ日本語でも同様の内容が記載されると思います。

iOS 13.5 のセキュリティアップデートについて

公式サイト「Appleセキュリティアップデート」には、まだ、iOS 13.5の記載がされておらず、英語版でも詳細はこれから出てくる予定となっています。

詳細が更新されたら本記事も修正します。

iOS 13.5 更新手順

1.【設定】アプリを起動します

2.【一般】をタップします

3.【ソフトウェア・アップデート】をタップします

 

4.「iOS 13.5」となっていること、サイズを確認し【ダウンロードしてインストール】をタップします

5.パスコードを入力します

6.ソフトウェアのダウンロードが開始されます

アップデートが要求され、、、

アップデートファイルがダウンロードされ、、、

ファイルが展開準備されます。

7.ダウンロードが完了したら【今すぐインストール】をタップします

8.インストール、再起動が自動的に行われます

9.待ち受け画面が表示されます

待ち受け画面が表示されればアップデートは完了しています。

iOS13.5 にアップデートされたことの確認手順

ソフトウェア・アップデートでの確認

1.【設定】アプリを起動します

2.【一般】をタップします

3.【ソフトウェア・アップデート】をタップします

4.「iOS 13.5 お使いのソフトウェアは最新です」と表示されることを確認します

情報画面での確認手順

1.【設定】アプリを起動します

2.【一般】をタップします

3.【情報】をタップします

4.「システムバージョン」に「13.5」と表示されることを確認します

「13.5」をタップするとバージョン詳細が表示されるので「13.5 (17F75)」と表示されることを確認します。

おわりに

メンテナンスリリースとなったiOS 13.4.1がリリースされてから1ヶ月半弱でのメジャーリリースiOS 13.5のリリース。

そう言えば、iOS13.4にしてから、なんとなく発生していた、

  • ネットワークの応答、反応が遅い
  • アプリが無応答になる

は、ほとんど出なくなってる気がします。

今回のiOS 13.5はトレンドなFace IDのフェイスマスク対応。

実際に待ち受け画面やApple純正アプリでは、すばやくパスコード画面が表示されるようになり、iPhone Xから感じていた、Face ID失敗時のストレスが大幅に改善されたと実感しています。

注意しなければいけないのはApple純正アプリ以外、例えば三菱UFJ銀行アプリでは生体認証でログインできるんですが、まだ対応していないので、純正アプリ感覚で認証失敗すると生体認証機能がオフになってしまう現象が発生します。

しばらくは純正アプリ以外でのフェイスマスクしてのFace ID認証は気をつけてください。

では、今回はこの辺で。

この記事、本ブログを気に入っていただけましたら、応援クリックいただけると泣いて喜びます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

このページの先頭へ戻る ▲


 

iOSリリース履歴