macOS Big Sur 11.2.3(20D91)リリース。1件のセキュリティ問題にのみ対応したマイナーアップデート。アップデートすべきか否か、サイズ、更新所要時間、更新後不具合などを紹介

2021年3月9日。前回のリリースから2週間弱。マイナーアップデートとなるmacOS Big Sur 11.2.3(20D91)がリリースされました。1件のセキュリティ問題にのみ対応した緊急リリースです。

本記事ではmacOS Big Sur 11.2.3にアップデートすべきか否か、サイズ、更新所要時間、更新後不具合などを紹介します。

 

目次

macOS Big Sur 11.2.3 に更新すべき?待つべき?

今回のアップデートは11.2.2から11.2.3へと3番目の数字が増えるマイナーアップデートです。

1件のセキュリティ問題(CVE)への対応のみで、バグ修正などは含まれません。

バグ修正はないのに「このアップデートをすべてのユーザに推奨します」の文言が入っています。

以上から、macOS BIg Sur 11.2.3にアップデートして良いのは次の方です。

  • macOS BIg Sur 11以降の方
  • 最新版にしたい方

アップデートを待った方が良いのは次の方です。

  • 慎重派の方
  • 問題が発生した際に自分で対応できない方

iOSの14.5がリリースされそうだというこの時期に1つの問題だけを修正するリリースを出すんだから、よほどの緊急リリースだと思いますので、macOS BIg Surの方はアップデートすることをオススメします。

 

macOS Big Sur 11.2.3 への更新後の不具合の有無について

2021年3月10日21:00現在、

  • MacBook Pro 13-inch, 2016, Two Thunderbolt 3 ports
  • MacBook Retina 12-inch Early 2016
  • Mac mini M1, 2020

をmacOS Big Sur 11.2.3 に更新しましたが、

  • 起動しない
  • 再起動を繰り返す
  • 通信できない

などの不具合は発生していません。

なお、

  • Mac mini M1, 2020で再起動すると不正なシャットダウンと表示される

問題ついては改善されていません。

その他、何か見つけた際には更新します。

 

macOS Big Sur 11.2.3 のサイズ、更新所要時間は?

実機で確認したmacOS Big Sur 11.2.3 のサイズ、更新所要時間は次のとおりです。

# 機種 更新前
バージョン
サイズ 全体
所要時間
ダウンロード
所要時間
インストール
所要時間
更新後
バージョン
1 MacBook Pro (13-inch,
Two Thunderbolt 3 ports)
11.2.2
20D80
2.44GB 33分 20分
※1
13分 11.2.3
20D91
2 Macbook Retina,
12-inch, Early 2016
11.2.2
20D80
2.44GB 55分 31分
※2
24分 11.2.3
20D91
3 Mac mini, M1 2020 11.2.2
20D80
3.37GB 36分 17分
※1
19分 11.2.2
20D91

※1:有線LANを使用
※2:Wi-Fiを利用

最低45分、できれば90分Macを使わずに済む時間を確保ください。

TimeMachineによるバックアップを行う場合にはプラスαでバックアップする時間を確保してください。

Macbookに関しては、

  • 安定・高速なWi-FI接続、または、有線LAN
  • 電源

環境を整えた上で作業することを強く推奨します。

 

macOS Big Sur 11.2.3 の内容について

システム環境設定のソフトウェア・アップデートを選択すると次の画面が表示されます。

「このMac用のアップデートがあります macOS Big Sur 11.2.3」と表示されます。

「詳しい情報…」をクリックすると詳細が表示されます。

上にはサイズ、下のボックスにはアップデートの詳細が記載されています。

macOS Big Sur 11.2.2のMac mini (M1, 2020)で3.37GB、IntelプロセッサのMacBook 12-inch Retina 2016、MacBook Pro (13-inch, 2016 Two Thunderbolt 3 ports) のサイズは2.44GBでした。

今回はM1 MacとIntel Macで別々のサイズでした。

注意
サイズは機種によって異なる場合があります。

macOS Big Sur 11.2.3では、すべてのユーザに推奨する重要なセキュリティアップデートが含まれます。

macOS Big Sur のアップデートの新機能」にmacOS Big Sur 11.2.3の詳細が記載されるはずですが、2021年3月10日23:30現在まだ記載されていません。
(英語版である「What’s new in the updates for macOS Big Sur」には記載されています。翻訳待ちの状態です。)

MEMO
macOS Big Sur全体については、公式サイトの「macOS Big Sur」「macOS Big Surで利用できる新機能。」をご確認ください。

 

macOS Big Sur 11.2.3 のセキュリティコンテンツについて

公式サイト「Apple セキュリティアップデート」で「macOS Big Sur 11.2.3」をクリックすると「About the security content of macOS Big Sur 11.2.3」が表示されます。

# カテゴリ 件数 CVE番号 macOS Big Sur macOS Catalina macOS Mojave
1 WebKit 1件 CVE-2021-1844

macOS Big Sur 11.2.3 では1件のセキュリティ問題(CVE)に対応しています。

 

macOS Big Sur 11.2.3 更新手順

macOS Big Sur 11.2.3への更新手順は次のとおりです。

1.【システム環境設定】アイコンをクリックし起動します。

2.【ソフトウェア・アップデート】アイコンをクリックします。

3.「このMac用のアップデートがあります macOS Big Sur 11.2.3」と表示されていることを確認します。

4.【今すぐアップデート】をクリックします。

5.ライセンス契約の画面が表示されたら【同意する】をクリックします。

6.ダウンロードが始まります。

準備中となります。

7.【今すぐ再起動】をクリックします。

注意
明示的に【今すぐ再起動】をクリックしなくても60秒後に自動的に再起動が始まります。

8.ログイン後「システム環境設定」→「ソフトウェア・アップデート」をクリックし、「このMacは最新の状態です - macOS Big Sur 11.2.3」と表示されることを確認します。

以上でmacOS Big Sur 11.2.3へのアップグレードは完了です。

 

macOS Big Sur 11.2.3 適用確認方法

macOS Big Sur が更新されているか確認するには次の手順で確認します。

1.メニューバーの【リンゴマーク】をクリックします。

2.【このMacについて】をクリックします。

3.macOS Big Sur バージョン 11.2.3と表示されることを確認しします。

4.【システムレポート…】をクリックします。

5.ペインをスクロールし【ソフトウェア】をクリックし、左ペインの「システムのバージョン」が「macOS 11.2.3 (20D91)」と表示されることを確認します。

MEMO
「カーネルのバージョン」は前回と同様「Darwin 20.3.0」となっています。

6.さらに、左ペインで「ソフトウェア」→「インストール」の順にクリックし、右ペインのソフトウェア名に「macOS 11.2.3」と表示されることを確認します。

注意
M1モデルのMacの場合、インストールに表示されない場合があります。

以上で確認は終了です。

 

おわりに

2週間弱での再アップデートとなりました。

iOS 14.5が出る、イコール macOSも合わせてアップデートされる可能性が高いという状況で、1件のセキュリティ問題(CVE)への対応のためだけにリリースされるということはそれだけ深刻なはず。

その他、何か不具合があった場合には更新していきます。

では、今回はこの辺で。

この記事、本ブログを気に入っていただけましたら、応援クリックいただけると泣いて喜びます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

このページの先頭へ戻る ▲


 

macOSリリース履歴

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コンピュータ会社に勤めるサラリーマン。
Apple製品、電子小物など、新しいものが大好き。
インターネットビジネス、ブログ運営など、学ぶことが大好き。
グルメ、旅行、映画鑑賞、音楽鑑賞など、楽しむコトが大好き♪
でぐっちの知見と体験が世の中に広まり、役に立つことを願って。

目次
閉じる