iPadOS 14.5(18E199)リリース。19件の新機能・機能改善、9件のバグ修正、50件のセキュリティ問題(CVE)に対応したメジャーリリース。アップデートすべきか否か、サイズ、更新内容、時間、更新後不具合の有無についてご紹介

2021年4月27日。前回のリリースからちょうど1ヶ月。iPadOS 14.5(18E199)がリリースされました。19件の新機能・機能改善、9件のバグ修正、50件のセキュリティ問題(CVE)に対応したメジャーアップデートです。

本記事ではiPadOS 14.5にアップデートすべきか否か、サイズ、更新内容、所要時間、更新後不具合などを紹介します。

同日にiPhone用のiOS 14.5、Apple Watch用のwatchOS 7.4、Mac用のmacOS 11.3 Big Surがリリースされています。

該当機器をお持ちの方は合わせてご確認ください。

目次

iPadOS 14.5 アップデートすべき?待つべき?

前回のiPadOS 14.4.2がリリースされてからちょうど1ヶ月。14.4.2から14.5と2番目の数字が変わるメジャーアップデートとなります。

今回は

  • 19件の新機能・機能改善
  • 9件のバグ修正
  • 31カテゴリで50件のセキュリティ問題(CVE)

への対応が含まれる大規模なアップデートとなります。

iPhoneではマスクしたままFace IDの解除が出来るようになりましたが、iPadについては記載がありませんね。後で確認したいと思います。

その他については

  • AirTagへの対応
  • 絵文字の追加
  • Siriの改善
  • リマインダーの改善
  • Xbox、PS5のコントローラへの対応

などが含まれています。

上記を踏まえ、今回のアップデートをしてもよいのは、

  • AirTagを使いたい方
  • 新機能・機能改善を体験したい方
  • 問題に直面シている方
  • 新しいものが好きな方
  • セキュリティ意識の高い方

です。

  • iPadを会社業務で使っている方
  • iPadで利用しているアプリが利用できないと困る方
  • ゲームを利用している方
  • アプリのデータ損失が発生すると困る方
  • 心配性な方

については、最低限、利用しているアプリがiPadOS 14に対応するまではアップデートを控えてください。

また、今回メジャーアップデートということもあるので、

  • 慎重派の方
  • 不具合が発生した場合、自分で対応出来ない方

は1ヶ月状況を見ることをオススメします。

1ヶ月以内に不具合の修正版がリリースされる可能性が高いと考えています。

 

iPadOS 14.5 にアップデート後の不具合について

2021年4月29日17:30現在、手元にある9.7インチiPad ProをiPadOS 14.5にアップデートしましたが、

  • 文鎮化する
  • 起動しない
  • 再起動を繰り返す

などの不具合は発生していません。

その他の不具合については気づいたら更新します。

 

iPadOS 14.5 のサイズとアップデート所要時間、更新後のバージョンについて

今回のiPadOS 14.5のリリースに伴い、手持ちのiPadOS 14.4.2の9.7インチiPad Proのアップデートを実施しました。

アップデートのサイズや所要時間は、iPadの機種、アップデート前の環境、通信環境に大きく依存しますが、筆者の環境では次のとおりです。

# 機種 更新前
バージョン
サイズ 全体
所要時間
ダウンロード
所要時間
インストール
所要時間
更新後
バージョン
1 9.7インチ
iPad Pro
iPadOS 14.4.2
(18D70)
1.03GB 63分 22分
※1
41分 iPadOS 14.5
(18E199)

※1:Wi-Fiを使用

アップデートする際には、

  • 最低75分、できれば120分以上iPadを使用しなくて済む時間
  • 最低20%充電されていること
  • 電源に接続された環境
  • 安定したWi-Fi環境

を確保した上でアップデートをしてください。

 

iPadOS 14.5 の更新内容について

iPad上では【ソフトウェア・アップデート】画面で次のように表示されます。

iPadOS 14.4.2の9.7インチiPad Proでは1.03GBでした。

注意
サイズは、機種ならびに現在のバージョンによりサイズが異なります。

「詳しい情報」をタップするとiPadOS 14.5の修正内容の紹介を確認できます。

iPadOS 14 のアップデートについて」の「iPadOS 14.5」にも同様の内容が記載されており、

  • AirTagと”探す”(4件)
  • 絵文字(2件)
  • Siri(3件)
  • プライバシー(1件)
  • Apple Music(2件)
  • Podcast(4件)
  • リマインダー(2件)
  • ケーム(1件)

と8カテゴリで19件の新機能・機能改善と9件の問題の修正が含まれていることが確認できます。

 

iPadOS 14.5 のセキュリティアップデートについて

公式サイト「Appleセキュリティアップデート」で「iOS 14.5およびiPadOS 14.5」をタップし「iOS 14.5 および iPadOS 14.5 のセキュリティコンテンツについて」を見ると、iPadOS 14.5には31件のカテゴリに対して50件のセキュリティ問題(CVE)への対応が含まれていることが確認できます。

# カテゴリ 件数 CVE番号 iPad Pro
対象機種
iPad Air
対象機種
iPad
対象機種
iPad mini
対象機種
1 アクセシビリティ 1件 CVE-2021-1835 すべてのモデル Air 2以降 第5世代以降 mini 4以降
2 App Store 1件 CVE-2021-1837 すべてのモデル Air 2以降 第5世代以降 mini 4以降
3 Apple Neural Engine 1件 CVE-2021-1867 第3世代以降 第3世代以降
4 AppleMobileFileIntegrity 1件 CVE-2021-1849 すべてのモデル Air 2以降 第5世代以降 mini 4以降
5 アセット 1件 CVE-2021-1836 すべてのモデル Air 2以降 第5世代以降 mini 4以降
6 オーディオ 1件 CVE-2021-1808 すべてのモデル Air 2以降 第5世代以降 mini 4以降
7 CFNetwork 1件 CVE-2021-1857 すべてのモデル Air 2以降 第5世代以降 mini 4以降
8 CoreAudio 2件 CVE-2021-1846
CVE-2021-1809
すべてのモデル Air 2以降 第5世代以降 mini 4以降
9 CoreFoundation 1件 CVE-2021-30659 すべてのモデル Air 2以降 第5世代以降 mini 4以降
10 CoreText 1件 CVE-2021-1811 すべてのモデル Air 2以降 第5世代以降 mini 4以降
11 FaceTime 1件 CVE-2021-1872 すべてのモデル Air 2以降 第5世代以降 mini 4以降
12 FontParser 1件 CVE-2021-1881 すべてのモデル Air 2以降 第5世代以降 mini 4以降
13 Foundation 2件 CVE-2021-1882
CVE-2021-1813
すべてのモデル Air 2以降 第5世代以降 mini 4以降
14 GPUドライバ 1件 CVE-2021-30656 すべてのモデル Air 2以降 第5世代以降 mini 4以降
15 Heimdal 2件 CVE-2021-1883
CVE-2021-1884
すべてのモデル Air 2以降 第5世代以降 mini 4以降
16 ImageIO 4件 CVE-2021-1885
CVE-2021-30653
CVE-2021-1843
CVE-2021-1858
すべてのモデル Air 2以降 第5世代以降 mini 4以降
17 iTunes Store 1件 CVE-2021-1864 すべてのモデル Air 2以降 第5世代以降 mini 4以降
18 カーネル 9件 CVE-2021-1877
CVE-2021-1852
CVE-2021-1830
CVE-2021-1874
CVE-2021-1851
CVE-2021-1860
CVE-2021-1816
CVE-2021-1832
CVE-2021-30660
CVE-202130652
すべてのモデル Air 2以降 第5世代以降 mini 4以降
19 libxpc 1件 CVE-2021-30652 すべてのモデル Air 2以降 第5世代以降 mini 4以降
20 libxslt 1件 CVE-2021-1875 すべてのモデル Air 2以降 第5世代以降 mini 4以降
21 MobileInstallation 1件 CVE-2021-1822 すべてのモデル Air 2以降 第5世代以降 mini 4以降
22 パスワードマネージャ 1件 CVE-2021-1865 すべてのモデル Air 2以降 第5世代以降 mini 4以降
23 環境設定 3件 CVE-2021-1815
CVE-2021-1739
CVE-2021-1740
すべてのモデル Air 2以降 第5世代以降 mini 4以降
24 Safari 1件 CVE-2021-1831 すべてのモデル Air 2以降 第5世代以降 mini 4以降
25 ショートカット 1件 CVE-2021-1831 すべてのモデル Air 2以降 第5世代以降 mini 4以降
26 Tailspin 1件 CVE-2021-1868 すべてのモデル Air 2以降 第5世代以降 mini 4以降
27 Telephony 1件 CVE-2021-1854 すべてのモデル Air 2以降 第5世代以降 mini 4以降
28 Wallet 1件 CVE-2021-1848 すべてのモデル Air 2以降 第5世代以降 mini 4以降
29 WebKit 4件 CVE-2021-1825
CVE-2021-1817
CVE-2021-1826
CVE-2021-1820
すべてのモデル Air 2以降 第5世代以降 mini 4以降
30 WebKitストレージ 1件 CVE-2021-30661 すべてのモデル Air 2以降 第5世代以降 mini 4以降
31 WebRTC 1件 CVE-2020-7463 すべてのモデル Air 2以降 第5世代以降 mini 4以降

 

iPadOS 14.5 への更新手順

1.【設定】アプリを起動します

2.【一般】→【ソフトウェア・アップデート】の順にタップします

3.「iPadOS 14.5」となっていること、サイズを確認し【ダウンロードしてインストール】をタップします

4.バスコードを入力します

5.ソフトウェアのダウンロードが開始されます

アップデートが要求され、、、

アップデートファイルがダウンロードされ、、、

ファイルが展開準備されます。

6.ダウンロードが完了したら【今すぐインストール】をタップします

7.アップデートファイルが検証され、インストール、再起動が自動的に行われます

8.待ち受け画面が表示されます

ホーム画面が表示されればアップデートは完了しています。

 

iPadOS 14.5 にアップデートされたことの確認手順

ソフトウェア・アップデートでの確認

1.【設定】アプリを起動します

2.【一般】→【ソフトウェア・アップデート】の順にタップします

3.「iPadOS 14.5 iPadOSは最新です」と表示されることを確認します

MEMO
お使いのソフトウェアは最新です。」から文言が変わりました。

 

情報画面での確認手順

1.【設定】アプリを起動します

2.【一般】→【情報】の順にタップします

3.「システムバージョン」に「14.5」と表示されることを確認します

「14.5」をタップするとバージョン詳細が表示されるので「14.5 (18E199)」と表示されることを確認します。

 

おわりに

本記事を書いていて、ふと、iPhoneで可能になったマスクをしたままFace IDの解除がiPadでも可能となっているか気になりました。

ただ、私はFace IDの使えるiPadを持っていないため確認が出来ない状況です。

お持ちの方は状況お知らせいただけると助かります。

その他、今後、不具合や追加情報などありましたら追記していきます。

では、今回はこの辺で。

この記事、本ブログを気に入っていただけましたら、応援クリックいただけると泣いて喜びます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

このページの先頭へ戻る ▲


 

iPadOSリリース履歴

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コンピュータ会社に勤めるサラリーマン。
Apple製品、電子小物など、新しいものが大好き。
インターネットビジネス、ブログ運営など、学ぶことが大好き。
グルメ、旅行、映画鑑賞、音楽鑑賞など、楽しむコトが大好き♪
でぐっちの知見と体験が世の中に広まり、役に立つことを願って。

目次
閉じる