MENU

iPadOS 15.4.1(19E258)リリース。3件のバグ修正、1件のセキュリティ問題への対応したマイナーアップデート。更新すべきか否か、サイズ、更新内容、時間、更新後不具合の有無についてご紹介

2022年4月1日。iPadOS 15.4.1(19E258)がリリースされました。前回のリリースから2週間ちょっとでリリースされたマイナーアップデートです。

iPadOS 15.4.1では、3件のバグ修正、1件のセキュリティ問題(CVE)に対応しています。

実際に手持ちのM1 iPad Proをアップデートした結果を元に、iPadOS 15.4.1に更新すべきか否か、サイズ、更新内容、所要時間、更新後不具合などを紹介します。

同日にiPhone用のiOS 15.4.1、Apple Watch用のwatchOS 8.5.1、Mac用のmacOS Monterey 12.3.1がリリースされています。対象機種をお持ちの方は合わせてご確認ください。

クリックできる目次

iPadOS 15.4.1 にアップデートすべき?待つべき?

前回のアップデートがリリースされてから1ヶ月ちょっと。2番目の数字が変更されるメジャーリリースです。

iPadOS 15.4.1では、

  • 3件のバグ修正
  • 1件のセキュリティ問題への対応

が含まれます。

今回のアップデートをしても良いのは、

  • 該当する不具合に直面している方
  • 最新版を利用したい方
  • セキュリティ意識の高い方

です。

ユニバーサルコントロールについては、iPad、Mac共に対応機種などがありますので事前にご確認ください。

ただし、

  • iPadを会社業務で使っている方
  • iPadで利用しているアプリが利用できないと困る方
  • ゲームを利用している方
  • アプリのデータ損失が発生すると困る方
  • 心配性な方

については、

  • 会社からアップデートしてもよいアナウンスがあるまで
  • 最低限、利用しているアプリがiPadOS 15.4に対応するまで

はアップデートを控えてください。

  • 慎重派の方
  • 不具合が発生した場合、自分で対応出来ない方

は、2週間から1ヶ月程度様子見することをオススメします。

iPadOS 15.4.1 にアップデート後の不具合について

2022年3月20日20:00現在、手元にあるiPad Pro M1 2021をiPadOS 15.4.1にアップデートしましたが、

  • 文鎮化する
  • 起動しない
  • 再起動を繰り返す

などの不具合は発生していません。

その他の不具合については気づいたら更新します。

iPadOS 15.4.1 のサイズとアップデート所要時間、更新後のバージョンについて

今回のリリースに伴い、手持ちのiPad Pro M1 2021をiPadOS 15.4から15.4.1にアップデートしました。

アップデートのサイズや所要時間は、iPadの機種、アップデート前の環境、通信環境に大きく依存しますが、筆者の環境では次のとおりです。

スクロールできます
#更新
機種
更新前
バージョン
更新
サイズ
全体
所要時間
ダウンロード
所要時間
インストール
所要時間
更新後
バージョン
1iPad Pro
M1 2021
iPadOS 15.4
(19E241)
196.6MB16分11分
※1
5分iPadOS 15.4.1
(19E258)
表:iPadOS 15.4の更新前後のバージョン、サイズ、所要時間
(※1:フレッツ光接続のWi-Fiを利用)

アップデートする際には、

  • 最低30分、できれば60分以上iPadを使用しなくて済む時間
  • 最低20%充電されていること
  • 電源に接続された環境
  • 安定したWi-Fi環境

を確保した上でアップデートをしてください。

iPadOS 15.4.1 の更新内容について

iPad上では【ソフトウェア・アップデート】画面で次のように表示されます。

注意

サイズは、機種ならびに現在のパージョンによりサイズが異なります。

  • iPadOS 15.4のM1 iPad ProのiPadOS 15.4.1のサイズは196.6MB

でした。

「詳しい情報…」をタップすると詳細が表示されます。

iPadOS 15.4.1には、3件のバグ修正が含まれます。

  • iPadOS 15.4にアップデートしたあと、バッテリーが予想よりも早く消耗する可能性がある問題
  • テキストナビゲートまたは通知表示中に点字デバイスが反応しなくなる可能性がある問題
  • “Made for iPad”補聴器で一部の他社製Appとの接続が解除される可能性がある問題

iPadOS 15 のアップデートについて」の「iPadOS 15.4.1」にも同様の内容が記載されています。

注意

ユニバーサルコントロールを利用するには、macOS 12.3以降、iPadOS 15.4以降がインストールされているMac、iPadである必要がありますが、さらに利用可能な機種が限られていますのでご注意ください。

【対応するMac】

  • MacBook(2016以降)
  • MacBook Air(2018以降)
  • MacBook Pro(2016以降)
  • iMac(2017以降、または
    Retina 5K, 27-inch, Late 2015)
  • iMac Pro
  • Mac mini(2018以降)
  • Mac Pro(2019以降)
  • Mac Studio

【対応するiPad】

  • iPad Pro(全モデル)
  • iPad Air(第3世代以降)
  • iPad(第6世代以降)
  • iPad mini(第5世代以降)
メモ

iPadOS 15.4.1 のセキュリティアップデートについて

公式サイト「Appleセキュリティアップデート」の「iOS 15.4.1 および PadOS 15.4.1」を見ると、iPadOS 15.4.1には1件のセキュリティ問題(CVE)への対応が含まれてます。

スクロールできます
#カテゴリ件数CVE番号対象 iPad Pro対象 iPad Air対象 iPad対象 iPad mini
1AppleAVD1CVE-2022-22675すべてのモデルAir 2以降第5世代以降mini 4以降
表:iPadOS 15.4.1で対応したセキュリティ問題(CVE)

iPadOS 15.4.1 への更新手順

iPadOS 15.4.1 にアップデートされたことの確認手順

ソフトウェア・アップデートでの確認

情報画面での確認手順

おわりに

前回のアップデートから2週間ちょっとでのマイナーアップデートのリリースとなりました。

その他、不具合等見つけた場合には更新します。

では、今回はこの辺で。

この記事、このサイトを気に入っていただけましたら、応援クリックをいただけると、筆者が泣いて喜びます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

iPadOS リリース履歴

注意

基本的に日本でリリースされた日を掲載しています。

この記事、このサイトを気に入っていただけましたら、応援クリックをいただけると、筆者が泣いて喜びます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コンピュータ会社に勤めるサラリーマン。
Apple製品、電子小物など、新しいものが大好き。
インターネットビジネス、ブログ運営など、学ぶことが大好き。
グルメ、旅行、映画鑑賞、音楽鑑賞など、楽しむコトが大好き♪
でぐっちの知見と体験が世の中に広まり、役に立つことを願って。

クリックできる目次