iPadOS 14(18A373)リリース。初の大型アップデートは魅力的な新機能も盛りたくさんではあるけれど。アップデートすべきか否か、サイズ、更新内容、時間、更新後不具合の有無についてご紹介

2020年9月17日。iPadOS 14(18A373)がリリースされました。前回のメジャーリリースから半月。年に1度のシステムリリースです。

iPadOS 14にアップデートすべきか否か、サイズ、更新内容、所要時間、更新後不具合などについて記載しています。

同日にiPhone用のOSであるiOSもiOS 14がApple Watch用のwatchOSはwatchOS 7がリリースされています。該当するiPhone、Apple Watchをお持ちの方は合わせてご確認ください。

iPadOS 14 アップデートすべき?待つべき?

前回のiPadOS 13.7がリリースされてから半月。新しいiPad、Apple Watchの発売も照準に据えたシステムアップデートです。

iPadOSがiOSから袂を分かち合ってから初めてのシステムアップデート。

多くはiOSの更新内容と同じですが、タブレットならでは、Apple Pencilを利用できるiPadならではの更新内容も含まれています。

今回のアップデートをしてもよいと考えられるのは、

  • とにかく最新版を利用したい方
  • どうしても使いたい新機能がある方
  • アプリが利用できなかったり、データが利用できなくても問題ない方

ぐらいでしょうか。

個人的には、

  • 2〜3週間後にリリースされるであろう不具合を修正したiPadOS 14.1がリリースされるまでは更新しない

ことを推奨します。

特に、

  • iPadを仕事で使っている方
  • iPadで利用しているアプリが利用できないと困る方
  • 特にゲームを利用している方
  • アプリのデータ損失が発生すると困る方
  • 心配性な方

については最低限、利用しているアプリがiPadOS 14に対応するまではアップデートを控えてください。

iPadOS 14 にアップデート後の不具合について

2020年9月20日15:00現在、手元にあるiPadOS 13.7の9.7インチiPad ProをiPadOS 14にアップデートしましたが、

  • 文鎮化する
  • 起動しない
  • 再起動を繰り返す

などの不具合は発生していません。

その他の不具合については気づいたら更新します。

iPadOS 14 のサイズとアップデート所要時間、更新後のパージョンについて

今回のiPadOS 14のリリースに伴い、手持ちのiPadOS 13.7の9.7インチiPad Proのアップデートを実施しました。

アップデートのサイズや所要時間は、iPadの機種、アップデート前の環境、通信環境に大きく依存しますが、筆者の環境では次のとおりです。

機種 更新前
バージョン
サイズ 全体
所要時間
ダウンロード
所要時間
インストール
所要時間
更新後
バージョン
9.7インチ
iPad Pro
iPadOS 13.7
(17H35)
2.2GB 51分 22分
※1
29分 iPadOS 14
(18A373)

※1:Wi-Fiを使用

アップデートする際には、

  • 最低1時間、できれば1時間半以上iPadを使用しなくて済む時間
  • 最低20%充電されていること
  • 電源に接続された環境
  • 安定したWi-Fi環境

を確保した上でアップデートをしてください。

iPadOS 14 の更新内容について

iPad上ではソフトウェア・アップデートで次の画面が表示されます。

iPadOS13.7の9.7インチiPad Proでは2.2GBでした。

注意
サイズは、機種ならびに現在のパージョンによりサイズが異なります。

「詳しい情報」をタップすると次のような「このアップデートについて」画面が表示されます。

iPadOS 14 のアップデートについて」の「iPadOS 14」にも同様の内容が記載されています。

iPadOS 14 のセキュリティアップデートについて

公式サイト「Appleセキュリティアップデート」の「iOS 14.0 および iPadOS 14.0」を確認するとiPadOS 14には次の11件のセキュリティ問題(CVE)の修正が含まれています。

  • AppleAVD
  • アセット
  • アイコン
  • IDEデバイスサポート
  • IOSurfaceAccelerator
  • キーボード
  • Model I/O
  • 電話
  • サンドボックス
  • Siri
  • WebKit

詳細については、「iOS 14.0および iPadOS 14.0」をご確認ください。

iPadOS 14 への更新手順

1.【設定】アプリを起動します

2.【一般】→【ソフトウェア・アップデート】の順にタップします

3.「iPadOS 14」となっていること、サイズを確認し【ダウンロードしてインストール】をタップします

4.パスコードを入力します

5.利用規約の画面が表示されるので内容を確認し、【同意する】をタップします

6.確認画面で【同意する】をタップします

7.ソフトウェアのダウンロードが開始されます

アップデートが要求され、、、

アップデートファイルがダウンロードされ、、、

ファイルが展開準備されます。

8.ダウンロードが完了したら【今すぐインストール】をタップします

9.アップデートファイルが検証され、インストール、再起動が自動的に行われます

10.待ち受け画面が表示されたらパスコードを入力します

「ようこそiPadへ」が表示されるので【さあ、はじめよう!】をタップします。

「ソフトウェア・アップデート 完了 iPadはiPadOS 14.0にアップデートされました」と表示されたら【続ける】をタップすします。


ホーム画面が表示されればアップデートは完了しています。

iPadOS 14 にアップデートされたことの確認手順

ソフトウェア・アップデートでの確認

1.【設定】アプリを起動します

2.【一般】をタップします

3.【ソフトウェア・アップデート】をタップします

4.「iPadOS 14.0 お使いのソフトウェアは最新です。」と表示されることを確認します

情報画面での確認手順

1.【設定】アプリを起動します

2.【一般】をタップします

3.【情報】をタップします

4.「システムバージョン」に「14.0」と表示されることを確認します

「14.0」をタップするとバージョン詳細が表示されるので「14.0 (18A373)」と表示されることを確認します。

おわりに

前回のメジャーリリースから半月。今回は年に一度のシステムアップデートとなりました。

iPadOSがiOSから派生して1年となります。

多くはiOSと同じ内容が含まれるものの、タブレットならでは、Apple Pencil関連などiPad固有の更新も含まれます。

今回はセキュリティへの対応がさらに厳しくなり、ローカルデバイス、ネットワーク、写真、などにアクセスするアプリの初回起動時に次の図のように確認が求められるようになりました。

一通りのアプリの起動が終わるまでは許可するか否かの選択をしなければいけませんが、一度設定すればOKなので、最初だけの儀式だと思っていていただければと思います。

もちろん後から変更も可能です。

今回は一番目の数字が変更されるシステムアップデートということで、アプリの対応が必要な場合もあり、個人的にはiPadOS 14.1まで待った方が良いのではないかと思います。

データが吹っ飛んでもいい、アプリ起動しなくてもOKという猛者の方はアップデートして新機能をバンバン使ってみるのもアリです。

今後、不具合や追加情報などありましたら追記していきます。

では、今回はこの辺で。

iPadOSリリース履歴