iPadOS13.5(17F75)リリース。Face IDとパスコード、FaceTimeで機能追加と2件のバグ修正と改善。更新すべき?待つべき?更新後の不具合の有無についてご紹介

2020年5月21日。iPadOS13.5(17F75)がリリースされました。前回のメンテナンスリリースから1ヶ月半弱。メジャーリリースとして登場。フェイスマスク使用時のFace ID認証問題への対応とFaceTimeのオプションの追加、2件のバグ修正と改善が含まれています。

iPadOS13.5にアップデートすべきか否か、サイズ、更新内容、所要時間、更新後不具合などについて記載しています。

基本的に同じ内容となりますが、iPhone用のOSであるiOSもiOS 13.5がリリースされています。こちらはiPadOSの更新内容に加えて接触通知APIの追加がされています(実際にはiPadOSでも行われているんじゃないかと思う部分もありますが…)。

なお、同系列のOSであるwatchOSについては2日前にwatchOS 6.2.5がリリースされていますが、macOS Catalinaについてはい2020年5月21日時点ではアップデートはリリースされていません。

iPadOS 13.5 アップデートすべき?待つべき?

iPadOS 13.4.1がリリースされてから1ヶ月半弱。もう1回ぐらいメンテナンスリリースがあるかと思ったらメジャーアップデートのiPadOS 13.5がリリースされました。

メジャーリリースということで、機能追加とバグの修正とセキュリティ問題への対応となります。

実のところ個人的にはiPadについては対応機種を持ってないのであまりアップデートする意義が感じられないんです。

が、iPhoneと同じくフェイスマスク利用時のFace ID認証失敗に対する速やかなパスコード認証への移行対応がiPadOS 13.5では含まれているので、11インチや12.9インチのiPad Proをお持ちの方は便利になると思います。

ということで、

  • 11インチiPad Pro、12.9インチiPad Proをお持ちの方
  • FaceTimeを利用している方

はアップデートしても良いでしょう。

アップデートする場合にはバックアップを必ず取ってから実施することを強くオススメします。

それ以外の方は、問題なく利用できているのであれば、そのまま使い続けるのもアリだと考えています。

慎重派の方はまず、2週間ぐらい様子を見てみましょう。

iPadOS 13.5 アップデート後の不具合について

2020年5月21日12:00現在、手元にあるiPadOS 13.4.1の9.7インチiPad ProをiPadOS13.5にアップデートしましたが、

  • 文鎮化する
  • 起動しない
  • 再起動を繰り返す

などの不具合は発生していません。

公式サポートサイトなども確認しましたが特にiPadOS 13.5の問題は今のところないように見受けられます。

その他の不具合については気づいたら更新します。

iPadOS 13.5 サイズとアップデート所要時間、更新後のパージョンについて

今回のiPadOS 13.5のリリースに伴い、手持ちのiPadOS 13.4.1の9.7インチiPad Proのアップデートを実施しました。

アップデートのサイズや所要時間はアップデート前の環境、通信環境に大きく依存しますが次のとおりです。

機種 更新前
バージョン
サイズ 全体
所要時間
ダウンロード
所要時間
インストール
所要時間
更新後
バージョン
9.7インチ
iPad Pro
iPadOS 13.4.1
(17E262)
282.1MB 不明
※2
不明
※1※2
不明
※2
iPadOS 13.5
(17F75)

※1:Wi-Fiを使用
※2:執筆時点でデータを確認できないため不明。確認出来次第更新します。

アップデートする際には、

  • 最低45分、できれば1時間以上iPadを使用しなくて済む時間
  • 最低20%充電されていること
  • 電源に接続された環境
  • 安定したWi-Fi環境

を確保した上でアップデートをしてください。

iPadOS 13.5 更新内容について

iPad上ではソフトウェア・アップデートで次の画面が表示されます。

iPadOS13.4.1の9.7インチiPad Proでは282.1MBでした。

注意
サイズは、機種ならびに現在のパージョンによりサイズが異なります。

「詳しい情報」をタップすると、アップデートの詳細が表示されます。

iPhoneではこの他に新型コロナウイルス感染症接触追跡アプリへの対応に伴う接触通知APIの追加が記載されていますが、iPadOSにはその記述ありません。ソースコードは同じなので、iPadOSでも実装されてそうな気がしますが…

iPadOSのアップデートについて」の「iPadOS 13.5」にも同様の内容が記載されています。

iPadOS 13.5にはFace IDとパスコード、FaceTimeの機能追加と2件のバグ修正と改善が含まれています。

iPadOS 13.5 のセキュリティアップデートについて

公式サイト「Appleセキュリティアップデート」には情報が記載されておらず、英語版で次の情報が確認できます。

2020年5月21日現在iPadOS13.5の時点では情報が掲載されていないため、確認出来次第更新します。

iPadOS 13.5 更新手順

1.【設定】アプリを起動します

2.【一般】→【ソフトウェア・アップデート】の順にタップします

3.「iPadOS 13.5」となっていること、サイズを確認し【ダウンロードしてインストール】をタップします

4.パスコードを入力します

5.ソフトウェアのダウンロードが開始されます

アップデートが要求され、、、

アップデートファイルがダウンロードされ、、、

ファイルが展開準備されます。

6.ダウンロードが完了したら【今すぐインストール】をタップします

7.インストール、再起動が自動的に行われます

8.待ち受け画面が表示されます

待ち受け画面が表示されればアップデートは完了しています。

iPadOS13.5 にアップデートされたことの確認手順

ソフトウェア・アップデートでの確認

1.【設定】アプリを起動します

2.【一般】をタップします

3.【ソフトウェア・アップデート】をタップします

4.「iPadOS 13.5 お使いのソフトウェアは最新です」と表示されることを確認します

情報画面での確認手順

1.【設定】アプリを起動します

2.【一般】をタップします

3.【情報】をタップします

4.「システムバージョン」に「13.5」と表示されることを確認します

「13.4.1」をタップするとバージョン詳細が表示されるので「13.5 (17F75)」と表示されることを確認します。

おわりに

もう1回ぐらいメンテナンスリリースかあるかと思ってたところに1ヶ月半弱でのメジャーリリースとなるiOS 13.5のリリース。

ドカンと大きな機能追加はありませんが、このご時世の対応とも言えるフェイスマスク使用時のFace ID認証問題への対応はさすがです。

今後、不具合や追加情報などありましたら追記していきます。

では、今回はこの辺で。

iPadOSリリース履歴