watchOS 7(18R382)リリース。Apple Watch 6に対応した年に1度の超大型アップデート。更新すべきか否か?更新所要時間、サイズ、更新後の不具合の有無についてご紹介

2020年9月17日。前回のリリースから2ヶ月。watchOS  7(18R382)がリリースされました。Apple Watch 6への対応を含めた年に1度のシステムアップデートです。

watchOS 7にアップデートすべきか否か、更新内容、サイズ、時間、手順、更新後の不具合の有無について記載しています。

ベースとなるOSが同じiOS、iPadOSについても同日に、iOS 14iPadOS 14がリリースされています。

当該機種をお持ちの場合、ご確認ください。

watchOS 7 更新すべき?待つべき?

今回のwatchOSのアップデートはwatchOS 6.2.8からwatchOS  7へと1番目の数字が変更されるシステムアップデートの位置づけとなります。

最新のウェアラブルデバイスとなるApple Watch 6への対応も含まれる、新機能、バグ修正、パフォーマンス改善、セキュリティ問題への対応が盛りだくさんなアップデートとなります。

既存のApple Watchでは不具合が発生する可能性もありますので、watchOS 7にアップデートした方が良い方は次のとおりです。

  • Apple Watchの新機能を使いたい方
  • iOS 14にアップデートした方
  • アプリが起動・機能しない、データがなくなるなどの事態が発生しても納得できる方

それ以外の方は1ヶ月程度は様子見しても良いかと思います。

watchOS 7 更新後の不具合について

Apple Watch Series 3 42mmのwatchOSを6.2.8からwatchOS 7にアップデートしましたが、次のような不具合・問題は発生していません。

  • 起動しなくなる
  • 再起動を繰り返す
  • 通信しない
  • 利用できない

その後も、気になるような不具合・問題は発生していません。

ただし、今回はダウンロードサイズで984MBとなっており、Apple Watchの空き容量が1.7GBでもインストールできず初期化して対応した例もあります。

なので、Apple Watchのストレージの空き容量が2GB以上(私の環境では2.7GBの空きで問題なくアップデートできました)あることを確認してください。

その他、何か見つけた際には適宜更新します。

watchOS 7のアップデートのサイズ、所要時間について

watchOS 6.2.8のApple Watch Serieies 3 42mmをwatchOS  7に更新しようとしたときのサイズ、所要時間は次の通りです。

機種 更新前
watchOS
サイズ 全体
所要時間
ダウンロード
所要時間
インストール
所要時間
更新後
パージョン
Apple Watch Series 3 42mm 6.2.8
(17U63)
984MB 204分
以上
169分以上
※1※2
35分 7.0
(18R382)

※1:WiFi利用
※2:ソフトウェア・アップデート選択時点で既にダウンロードが開始されたため正確な時間は不明

watchOSのアップデートは、

  1. インターネットからiPhoneへのアップデートファイルのダウンロード
  2. iPhoneからApple Watchへのアップロード

と2段階のインストールとなるため、インターネット接続環境、iPhone – Apple Watchの通信状況に大きく依存します。

最低3時間半以上、可能であれば5時間程度、iPhoneならびにApple Watchを利用しなくても問題のないタイミングでアップデートを実施してください。

また、今回はダウンロードサイズで984MBとなっており、Apple Watchの空き容量が1.7GBでもインストールできず初期化して対応した例もありますので、Apple Watchのストレージの空き容量が2GB以上(私の環境では2.7GBの空きで問題なくアップデートできました)あることを確認してください。

また、watchOSの更新については、

  • Apple Watchが充電器に接続されていること
  • Apple Watchが50%以上充電されていること
  • Apple WatchとペアリングしているiPhoneが同一のWi-Fiに接続されていること

を確認の上、アップデートを行うようにしてください。

watchOS 7の更新内容

Watchアプリのソフトウェア・アップデートには次の画面が出てきます。

watchOS 6.2.8のApple Watch Series 3 42mmで984MBでした。

注意
サイズはApple Watchの機種、現行のバージョンによって変わります。

「詳しい情報」をタップすると詳細が表示されます。

詳細は次のとおりです。

カテゴリ別には次のとおりです。

  • 文字盤(12件)
  • 睡眠(5件)
  • 手洗い(6件)
  • ファミリー共有設定(10件)
  • ミー文字(4件)
  • マップ(4件)
  • Siri(3件)
  • その他の機能と改善点(18件)

公式サイト「watchOS 7 のアップデートについて」の「watchOS 7」にも同じ記述が書かれています。

日本におけるwatchOS 7の機能の対応状況

日本におけるwatchOS 7でのwatchOS 6の機能の対応状況は次のとおりです。

大分類 中分類・小分類 日本での対応状況
Siri Siri
話せるSiri
Hey Siri
手首を上げて話す
翻訳 New
デバイス上の音声入力 New ○(日本語<->英語、北京語、韓国語)
ブランドサービス 血中酸素ウェルネスアプリ New
心電図 ×(非対応)
不規則な心拍の通知 ×(非対応)
友達を探す New
ファミリー共有設定 New
トランシーバー
News ×(非対応)
指書き入力 ×(非対応)
音声入力
学生証 ×(非対応)
Radio
空気質指標 ×(非対応)
VoiceOver ○(日本語)
海外における緊急通報
Apple Music Apple Music
オーディオブック オーディオブック
Podcast Podcast
Apple Pay Apple Pay
アプリケーション内での支払い
Appleのマップ 経路案内:この周辺
経路案内:経路の統合
経路案内:ターンパイターン
自転車での経路 New ×(非対応)
参考 WatchOS - 利用できる機能 - Apple(日本)Apple(日本)

watchOS 7で追加された機能は自転車での経路を除いて対応。既存の機能から増えたのは、Appleのマップの経路案内:この周辺です。

watchOS 7のセキュリティアップデートについて

公式サイト「Apple セキュリティアップデート」から「watchOS 7.0」を選択すると「watchOS 7.0 のセキュリティコンテンツについて」が表示されます。

記載された情報によると、

  • キーボード
  • 電話
  • サンドボックス
  • WebKit

の4件のセキュリティ問題(CVE)への対応となっています。

watchOS 7へのアップデート手順と確認方法について

watchOS 7へのアップデート手順

watchOS 7へのアップデート手順は次のとおりです。

1.【Watch】アプリの起動

Apple WatchとペアリングしているiPhoneで【Watch】アプリをタップし起動します。

2.【一般】の選択

3.【ソフトウェア・アップデート】の選択

タップするとwatchOS 7の情報と共にステータスが次のようになっている場合があります。

「Apple Watchにダウンロード中…」

「準備中…」

4.【インストール】の選択

ソフトウェア・アップデート画面で「watchOS 7」であること、また、ダウンロードサイズを確認し、【インストール】をタップします。

5.バスコードの入力

パスコードを入力します。

6.利用規約の画面で【同意する】をタップする

7.インストールの実施

「確認中…」

「インストール中…」に変化し、、、

「watchOS 7.0 お使いのソフトウェアは最新です」と表示されます。

注意
この時点では、実際のApple Watch上では、まだインストールが進行中で完了していませんのでご注意ください。

Apple Watchに時計のフェイスが表示されればwatchOS 7へのアップデートは完了しています。

watchOS 7にアップデートされたことの確認

iPhoneやApple Watchでアップデートされたことを確認するには次の手順で確認します。

iPhoneのWatchアプリでの確認

1.iPhoneで【Watch】アプリを起動

2.【一般】を選択

3.【ソフトウェア・アップデート】を選択

ソフトウェア・アップデート画面に「watchOS 7.0 お使いのソフトウェアは最新です。」と表示されることを確認します。

4.【情報】を選択

一般に戻り【情報】を選択します。

情報画面の「バージョン」に「7.0 (18R382)」と表示されることを確認します。

Apple Watchの「設定」アプリでの確認

Apple Watchの「設定」アプリでもwatchOS 7にアップデートされたことを確認できます。

1.Apple Watchで【設定】アプリを起動

2.【一般】を選択

3.【ソフトウェア・アップデート】を選択

4.アップデートの完了を確認

「Apple Watchは最新です。」と表示されることを確認します。

5.【情報】を選択

6.バージョンを表示

Apple Watchの画面をスクロールし、「バージョン」に「7.0 (18R382)」と表示されることを確認します。

なお、通知に「アップデート完了」と表示される場合もあります。

おわりに

前回のリリースから2ヶ月。iOS 14リリースに合わせてwatchOS 7がリリースされました。

iOSが年に1度の大型アップデートということで、新機能が盛りだくさん含まれていますが、watchOSもiPhoneよりも一足早く発売されたApple Watch 6の機能に対応するためにかなりのテコ入れがされています。

私が持っているのはwatchOS 7対応機種で一番古いApple Watch Series 3のため、利用できる機能は限られていますが、それでもアラームを起動したら睡眠アプリとの連携が含まれるなど、いろいろ変わっていそうです。

Apple Watch 6はもうちょっと待たないとゲットできませんが、それまでApple Watch Series 3でいろいろ確認してみようと思います。

では、今回はこの辺で。

この記事、本ブログを気に入っていただけましたら、応援クリックいただけると泣いて喜びます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

このページの先頭へ戻る ▲


 

watchOSリリース履歴

watchOS 4
2018年07月15日 watchOS 4.3.2(15U70)リリース
2018年05月30日 watchOS 4.3.1リリース
2018年03月31日 watchOS 4.3(15T212)リリース
2018年02月19日 watchOS 4.2.3リリース
2018年01月23日 watchOS 4.2.2(15S542)リリース
2017年12月05日 watchOS 4.2リリース
2017年11月01日 watchOS 4.1(15R846)リリース
2017年10月04日 watchOS 4.0.1リリース
2017年09月19日 watchOS 4.0リリース
watchOS 3
2017年07月20日 watchOS 3.2.3(14V753)リリース
2017年05月16日 watchOS 3.2.2リリース
2017年03月27日 watchOS 3.2リリース
2017年01月23日 watchOS 3.1.3リリース
2017年12月13日 watchOS 3.1.1リリース
2016年10月24日 watchOS 3.1リリース
2016年09月14日 watchOS 3.0リリース
watchOS 2
2016年07月18日 watchOS 2.2.2リリース
2016年05月16日 watchOS 2.2.1リリース
2016年03月21日 watchOS 2.2リリース
2015年12月09日 watchOS 2.1リリース
2015年10月22日 watchOS 2.0.1リリース
2015年09月22日 watchOS 2.0リリース