watchOS 7.6(18U63)リリース。21件のセキュリティ問題に対応したメジャーアップデート。更新すべきか否か?所要時間、サイズ、更新後の不具合の有無についてご紹介

watchOS 最新リリース情報

2021年7月20日。watchOS  7.6(18U63)がリリースされました。前回のリリースからちょうど8週間。日本向けの機能改善、バグ修正は見受けられませんが、14のカテゴリで21件のセキュリティ問題(CVE)に対応したメジャーアップデートです。

本記事ではwatchOS 7.6にアップデートすべきか否か、更新内容、サイズ、時間、手順、更新後の不具合の有無などを紹介しています。

また、同日にiPhone用のiOS 14.7、Mac用のmacOS Big Sur 11.5が、2日後にはiPad用のiPadOS 14.7がリリースされています。対象機器をお持ちの方は合わせてご確認ください。

目次

watchOS 7.6 更新すべき?待つべき?

今回のwatchOSのアップデートはwatchOS 7.5からwatchOS 7.6へと2番目の数字が変更されるメジャーアップデートとなります。

watchOS 7.6には、日本向けには新機能・機能改善・バグ修正に関する情報は見受けられません。

また、14のカテゴリで21件のセキュリティ問題(CVE)への対応が含まれています。

watchOS 7.6にアップデートしても良い方は次のとおりです。

  • iOSS 14.7にアップデートした方
  • セキュリティ意識の高い方

反対にアップデートを待った方が良いのは、

  • 慎重派な方
  • 問題が発生した場合に対処か困難な方

です。

1ヶ月様子を見ても良いかと思います。

考えるのが面倒な方は「ソフトウェア・アップデート」の「自動アップデート」を有効にしてみるというのもアリかと思います。

watchOS 7.6 更新後の不具合について

Apple Watch Series 6をwatchOS 7.6にアップデートしましたが、次のような不具合・問題は発生していません。

  • 起動しなくなる
  • 再起動を繰り返す
  • 通信しない
  • 利用できない

その後も、気になるような不具合・問題は発生していません。

その他、何か見つけた際には適宜更新します。

watchOS 7.6 のアップデートのサイズ、所要時間について

watchOS 7.5のApple Watch Series 6をアップデートしたときのサイズ、所要時間は次の通りです。

スクロールできます
#機種更新前
バージョン
サイズ全体
所要時間
ダウンロード
所要時間
インストール
所要時間
更新後
バージョン
1Apple Watch
Series 6 44mm
7.5
(18T567)
177MB84分29分
※1
55分7.6
(18U63)
※1:フレッツ光接続のWI-Fi利用

watchOSのアップデートは、

  1. インターネットからiPhoneへのアップデートファイルのダウンロード
  2. iPhoneからApple Watchへのアップロード

と2段階のインストールとなるため、インターネット接続環境、iPhone – Apple Watchの通信状況に大きく依存します。

最低45分以上、可能であれば60分程度、iPhoneならびにApple Watchを利用しなくても問題のないタイミングでアップデートを実施してください。

また、watchOSの更新については、

  • Apple Watchが充電器に接続されていること
  • Apple Watchが50%以上充電されていること
  • Apple WatchとペアリングしているiPhoneが同一のWi-Fiに接続されていること

を確認の上、アップデートを行うようにしてください。

watchOS 7.6 の更新内容

Watchアプリのソフトウェア・アップデートには次の画面が出てきます。

注意

サイズはApple Watchの機種、現行のパージョンによってサイズが変わります。

watchOS 7.5のApple Watch Series 6で177MBでした

watchOS 7.6では、新機能、機能改善、およびバグ修正が含まれるとの記載があります。

  • さらに30の地域でApple Watch Series 4以降の“心電図” Appに対応。
  • さらに30の地域で不規則な心拍の通知に対応。

が、日本向けの情報は特には見受けられませんでした。

メモ

公式サイト「watchOS 7のアップデートについて」の「watchOS 7.6」にも同様の記載があります。

日本におけるwatchOS 7の機能の対応状況

日本におけるwatchOS 7の機能の対応状況は次のとおりです。

大分類中分類・小分類日本での対応状況
SiriSiri
話せるSiri
Hey Siri
手首を上げて話す
翻訳○(日本語<->英語・北京語・韓国語)
デバイス上の音声入力×(非対応)
ブランドサービス血中酸素ウェルネスアプリ
心電図
不規則な心拍の通知
友達を探す
ファミリー共有設定
トランシーバー
News×(非対応)
指書き入力×(非対応)
音声入力
学生証×(非対応)
Radio
空気質指標×(非対応)
VoiceOver
海外における緊急通報
Apple MusicApple Music
オーディオブックオーディオブック
PodcastPodcast
Apple PayApple Pay
アプリケーション内での支払い
Appleのマップ経路案内:この周辺
経路案内:経路の統合
経路案内:ターンパイターン
自転車での経路×(非対応)
出典:watchOSで利用できる機能

watchOS 7.6 のセキュリティアップデートについて

公式サイト「Apple セキュリティアップデート」で「watchOS 7.6」確認すると、watchOS 7.6は14のカテゴリで21件のセキュリティ問題(CVE)に対応していることがわかります。

スクロールできます
#カテゴリ件数CVE番号Apple Watch
対象機種
1ActionKit1件CVE-2021-30763Series 3以降
2Audio1件CVE-2021-30781Series 3以降
3CoreAudio2件CVE-2021-30775
CVE-2021-30776
Series 3以降
4CoreText1件CVE-2021-30789Series 3以降
5Crash Reporter1件CVE-2021-30774Series 3以降
6CVMS1件CVE-2021-30780Series 3以降
7dyld1件CVE-2021-30768Series 3以降
8FontParser1件CVE-2021-30760
CVE-2021-30788
CVE-2021-30759
Series 3以降
9Identity Service1件CVE-2021-30773Series 3以降
10ImageIO2件CVE-2021-30779
CVE-2021-30785
Series 3以降
11Kernel2件CVE-2021-30769
CVE-2021-30770
Series 3以降
12libxml21件CVE-2021-3518Series 3以降
13TCC1件CVE-2021-30798Series 3以降
14WebKit3件CVE-2021-30758
CVE-2021-30795
CVE-2021-30797
Series 3以降

watchOS 7.6 へのアップデート手順

watchOS 7.6へのアップデート手順は次のとおりです。

watchOS 7.6 にアップデートされたことの確認

iPhoneやApple Watchでアップデートされたことを確認するには次の手順で確認します。

おわりに

前回のリリースから8週間での連続してのメジャーアップデートとなりました。

iOSをiOS 14.7にアップデートした方はwatchOSも合わせてwatchOS 7.6にアップデートすることをオススメします。

では、今回はこの辺で。

この記事、このサイトを気に入っていただけましたら、応援クリックをいただけると、筆者が泣いて喜びます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

watchOS リリース履歴

watchOS
watchOS 4
watchOS
watchOS 3
watchOS
watchOS 2
  • 2016年07月18日 watchOS 2.2.2リリース
  • 2016年05月16日 watchOS 2.2.1リリース
  • 2016年03月21日 watchOS 2.2リリース
  • 2015年12月09日 watchOS 2.1リリース
  • 2015年10月22日 watchOS 2.0.1リリース
  • 2015年09月22日 watchOS 2.0リリース

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コンピュータ会社に勤めるサラリーマン。
Apple製品、電子小物など、新しいものが大好き。
インターネットビジネス、ブログ運営など、学ぶことが大好き。
グルメ、旅行、映画鑑賞、音楽鑑賞など、楽しむコトが大好き♪
でぐっちの知見と体験が世の中に広まり、役に立つことを願って。

目次
閉じる