WordPress 5.4リリース。2020年最初のメジャーリリース。コードネームはAdderley。122件の拡張と210件のバグ修正。ブロックエディタの更なる進化。

WordPress 5.4 ブロックを使って、よりリッチに、速く、簡単に構築。
【更新】2020年6月11日。WordPressの最新版、メンテナンス&セキュリティリリースとなるWordPress5.4.2がリリースされました。詳細は下記を参照ください。
WordPress5.4.2リリース。23件のバグと拡張、6件のセキュリティ対応を含むメンテナンス&セキュリティリリース。アップデートすべきか否か、更新内容、更新後の不具合などをご紹介

2020年4月1日。WordPress 5.4がリリースされました。3ヶ月ぶりのアップデートはメジャーリリスで5.4に。コードネームはAdderley。122件の拡張と210件のバグ修正、プラスαの修正、ブロックエディタのさらなる強化・進化が行われています。

WordPress 5.4アップデートすべき?待つべき?

WordPress 5.4はWordPress 5.3.2から2番目の数字3から4となるメジャーリリースの位置づけです。

122件の拡張と210件のバグ修正、プラスαとかなりの大幅な修正がされています。

不安な方は2週間程度様子を見ることをオススメします。

特にWordPress 5.3よりも前のWordPressをご利用の方は、

  • プラグインがWordPress 5.4以降に対応しているか
  • テーマがWordPress 5.4以降に対応しているか

をご確認の上アップデートを検討してください。

どうしてもアップデートが不安な方はトラブル対応可能な人を見つけて、その人にやってもらうことをオススメします。

WordPressの設定によっては自動アップデートされている場合もありますので、そのときは修正内容などを確認してください。

WordPress 5.4 アップデート後の不具合について

2020年4月9日20:30現在、WordPress 5.3.2から5.4に4サイト更新していますが、

  • 管理画面に戻らずグレーのままとなる

という現象が2サイトで発生しましたが、画面の再読み込みを行うことにより問題なく利用できています。

その他、

  • 白画面(500 Internal Server Error)になってしまう
  • 記事が表示できない

などの不具合は発生していません。

何か不具合を見つけた際には情報を更新します。

WordPress 5.4 更新内容

WordPress.orgの公式ブログに「 WordPress 5.4 “Adderley”」がアップされています。
(日本語ブログに「WordPress 5.4 “アダレイ”」として訳が載っています)

WordPress 5.4の特徴として、

  • 2つの新しいブロック。そしてあらゆるブロックの改善
  • クリーンなUI、明快なナビゲーション – 簡単なタブ移動
  • 基本的な権利:プライバシー

開発者向けの情報として、

  • メニュー項目へのカスタムフィールド追加をネイティブサポート
  • ブロック:よりシンプルなスタイル、新しいAPIと埋め込み

が記載されています。

詳細な内容については元記事(英語日本語)を参照ください。

また、

を参照ください。

WordPress 5.4 更新手順

今回はメジャーアップデートなのでそうそうないとは思いますが、自動更新を有効にしていると自動的にWordPress 5.4にアップデートしている可能性もあります。

自動的に更新されていない場合は、手動で更新する必要があります。

1.管理画面に下記のメッセージ「WordPress 5.4が利用可能です!今すぐ更新してください。」が表示されていたら「今すぐ更新してください」のリンクをクリックする

WordPress 5.4の更新がある場合の表示

2.「WordPress 5.4-jaに自動更新できます:」の記述があったら「今すぐ更新」ポタンをクリックする

※念のため、更新前にWordPressのバックアップ(データベースとファイル)をすることをオススメします。

WordPress 5.4の更新がある場合のWordPress管理画面 更新の表示

3.更新が終了すると「WordPress 5.4」の画面が表示される

WordPress管理画面 WordPress 5.4更新後

※管理画面がグレーの状態で更新のグルグルが止まってしまった場合には、1分以上間隔を空けてブラウザの「ページの再読み込み」(Windowsの場合はF5キーまたはCtrl+R、Macの場合はCommand+R)を行ってみてください。

※次のように「データベースの更新が必要です」と表示された場合には、「WordPressデータベースを更新」ボタンをクリックします。

 WordPress更新時、データベースの更新が必要になる場合も

問題なく更新できれば「更新完了」と表示されるので「続ける」ボタンをクリックします。

WordPressデータベース更新が問題なく終了した場合の画面

WordPress 5.4の画面が表示されない場合には、管理画面左上のWordPressマークをクリック、WordPressについてを選択すると表示されます。

WordPress管理画面 右上のWordPressアイコン、WordPressについてをクリックするとWordPress 5.4の特徴を確認できます

 

以上でWordPress 5.4への更新は終了です。

4.必要に応じて、テーマ、プラグインを更新する

同じタイミングでテーマやプラグイン、翻訳の新しいバージョンが利用できる場合があります。

WordPress管理画面 更新 テーマ

必要に応じて更新します。

ただし、

  • テーマについては、次の2つを満たす場合は、事前に必ずテーマのバックアップまたはコピーを取った上で更新してください。変更内容が上書きされ消えてしまう場合があります。
    • 更新対象のテーマを利用している、かつ、
    • 子テーマを使わず、テーマのファイルを直接編集して利用している
  • プラグインについては、更新後のプラグインに大きな変更がないか確認した上で更新してください。Google Analytics Dashboard for WordPress(GADWP)のように、仕様や使い勝手が大きく変更されてしまう場合があります。

では、今回はこの辺で。

この記事、本ブログを気に入っていただけましたら、応援クリックいただけると泣いて喜びます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

このページの先頭へ戻る ▲


 

WordPressリリース履歴

  • ※リンクがないリリースの日付は基本的に公式サイトのリリースに記載されている日付を記載しているため正確でない可能性があります。
  • ※リンクは当ブログの記事へのリンクとなっています。
WordPress 5.1
2019年10月15日 5.1.3
2019年09月05日 5.1.2

2019年03月14日 5.1.1 →5.2へ
2019年02月22日 5.1
WordPress 5.0
2019年10月15日 5.0.7
2019年09月05日 5.0.6
2019年04月09日 5.0.4

2019年01月10日 5.0.3 →5.1へ
2018年12月20日 5.0.2
2018年12月14日 5.0.1
2018年12月07日 5.0
WordPress 4.9
2019年10月15日 4.9.12
2019年09月05日 4.9.11
2019年03月13日 4.9.10
2019年03月13日 4.9.9

2018年08月04日 4.9.8 →5.0へ
2018年07月06日 4.9.7
2018年05月18日 4.9.6
2018年04月05日 4.9.5
2018年02月08日 4.9.4
2018年02月07日 4.9.3(※自動更新できないバグ)
2018年01月18日 4.9.2
2017年12月24日 4.9.1
2017年11月18日 4.9
WordPress 4.8
2019年10月15日 4.8.11
2019年09月05日 4.8.10
2019年03月13日 4.8.9
2019年03月13日 4.8.8
2018年12月03日 4.8.7
2018年04月04日 4.8.6
2018年03月13日 4.8.5

2017年11月02日 4.8.3 →4.9へ
2017年09月26日 4.8.2
2017年08月03日 4.8.1
2017年06月10日 4.8
WordPress 4.7
2019年10月15日 4.7.15
2019年09月05日 4.7.14
2019年03月13日 4.7.13
2019年03月13日 4.7.12
2018年11月01日 4.7.11
2018年04月04日 4.7.10
2018年03月13日 4.7.9
2017年10月31日 4.7.7

2017年05月17日 4.7.5 →4.8へ
2017年04月22日 4.7.4
2017年03月07日 4.7.3
2017年01月29日 4.7.2
2017年01月12日 4.7.1
2016年12月07日 4.7