会員制ホルがとう初参加。会員証をゲットし、30種類以上の和牛ホルモン一頭食い。ホルモンの奥深さ&旨さを知る #ホルモンシカミエナイ

こんにちは。でぐっち(@de_gucci)です。
2020年12月9日(水)。クラウドファンディングサイトMakuakeで募集していた、焼肉にくがとうで会員制で開催するホルモン焼き屋「ホルかとう」へ会員証の受け取り&リターンの食事に行ってきたので紹介します。

でぐっち

 

きっかけはMakuakeのプロジェクト

今までも六本木ヒルズ店オープンに合わせて「六本木ヒルズ店の隠れ部屋会員権」などのリターンを含めてブロジェクトを行ってきた「赤身焼肉にくがとう」。

2020年月17日。和牛ホルモンの部位を30種類以上提供する会員制ホルモン焼き店「ホルがとう」を水曜日限定でオープンするプロジェクトが公開されました。

参考 Makuake|【会員制】で、あの焼肉にくがとうのホルモン焼き屋が限定OPEN!!!|マクアケ - アタラシイものや体験の応援購入サービスMakuake(マクアケ)

私も公開されてすぐアクセスしたんですが、おトクなリターンは瞬殺されてSold Out!

迷っている間にもどんどん枠がなくなっていく中で、コレだ!と思った2人分の会員権が付いたリターンに申し込みをしました。

最終的に目標金額500,000円に対して1,218%となる6,090,000円の支援を集めてブロジェクトは終了しました。

実行者のGo Miuraさんから何回も「電話予約してね~」とアナウンスが流れてきたので、Facebookで会員権欲しいを募集し、電話予約をして2020年12月9日(水)、訪問しました。

 

会員制ホルがとう 開催場所

会員制ホルがとうは、2020年12月日時点では、「赤身焼肉にくがとう33895田町・三田店」を水曜日貸し切りにして開催しています。

新店を出す計画もあるようで、新店がオープンした際にはそちらで開催するようになるかもしれないとのこと。

 

最近は、Go Miuraさんのプライベート会「羊がとう」で訪問している田町・三田店ですが、「羊がとう」は定休日の開催のため表の電気は灯いてないんです。

なので、表の電気がついてる田町・三田店への訪問はひさしぶりです。

 

この辺のコダワリ・本気度がさまざまなコンテンツを成功させている秘密なのかな。と思う、「今日だけ会員制 ホルがとう」のちょうちん。

 

会員制ホルがとう 店内

「支度中」の札がかかっているところを「こんばんはー」と訪問すると、お店の方が予約について確認し、グループごとに割り当てられた席に案内してくれました。

箸やグラスが会員制ホルがとう用になってます。

お箸。

グラス。「#ホルモンシカミエナイ」「#3150(最高?)」のハッシュタグのついたグラス

 

コースの中で使うタレがいくつか置かれています。

ねぎだれ

レバーだれ(にんにく+ごま油)

がとうタテギ(韓国の調味料)

マスタードマヨ

たくさん種類があって迷っちゃいそうですが、ほとんどはコースの品々が出されるときに、このタレを使ってください。と教えてくれるので、そのタレで食べるのが一番確実。

 

本日のお品書きなどはQRコードを読み取ると秘密のLINEアカウントと友達になると確認できます。

また、Facebook、Instagram、TwitterなどのSNSへの投稿大歓迎で、逆に投稿しないとお土産のカレーがもらえないので注意してください。

 

会員制ホルがとうは飲み放題付のコースとなってるので、コース開始の19:30の前から飲み始めてホルモンReadyな状態にスタンバイできます。

 

ってことで、ちょっとだけ糖質に気をつけて、まずは角ハイボールから。

タンブラーにも「#ホルモンシカミエナイ」「#3150」のハッシュタグが書かれています。

 

待ってる間に初回ということで会員証をもらいました。会員番号はGoさんにお願いして確保してもらった「4126」番です。

 

会員制ホルがとう コースの紹介

会員制ホルがとうは30種類以上のホルモンをさまざまな食べ方でいただくことから、一斉開始で全員同じメニューをいただきながら進行していく形となっています。

なので、その進行役「ホルえもん」の指示に従って進めていきます。

帽子とマスクがかわいい。ホルえもんのTシャツに本気度を感じます。

 

ってことでまずはカンパーイ。

 

コースは三部構成になっていて、順番に料理が運ばれてきます。

まずはコース前半戦から。

串:トロトロホルモン串(ホルモン(1)~(5))

まずは一品料理、トロトロホルモン串から。

素人にも優しい説明書き付き。

使用ホルモン
(1)コプチャン(小腸)
(2)テッポウ(直腸)
(3)はつびら(心臓のヘリ)
(4)グレンス(すい臓)
(5)タン先(舌の先)

 

(3)はつびら、(4)グレンス、(5)タン先はつみれになっています。その次に(2)テッポウ、(1)コプチャンと串に刺さって出てきます。

 

ホルモンも旨いけどスープもうまかったー。

説明書き読み損ねてて、がとうスパイス(三昧とうがらし)をかけれなかったんですが、辛めが好みな方はたっぷりかけても美味しいと思います。

 

握り:ツラミの握り(ホルモン(6))

続いてはホルモンなのに握り!

使用ホルモン
(6)ツラミ(ほほ肉)

 

黒い器に赤い握り。合いますね。

 

味付けされているのでそのまま食べれます。

 

ちゃんとした握り。早めにお腹に貯まるものが入ると、この先落ち着いて食べれるので助かります。

 

お味の方ももちろんうまーい。

 

刺身:ハツ、ウルテ、センマイ(ホルモン(7)~(9))

続いてホルモンなのに刺身です。

使用ホルモン
(7)ハツ(心臓):醤油コンフィ
(8)ウルテ(気管の軟骨):梅たたき
(9)センマイ(第三の胃):ボン酢

 

一品料理の3品は、盛り付けも美しく彩り豊か。

 

ハツはこの噛みごたえがいい。

 

ウルテは梅のサッパリ感との相性がいい。

 

センマイも最近なかなか食べれてなかったので嬉しい。

 

前菜:フワとろメカブ、チレペースト(ホルモン(10)~(11))

一品料理系でフワとろメカブとチレペースト。

使用ホルモン
(10)ぶっぶぎ(フワ・肺):フワとろメカブ
(11)チレ(脾臓):チレペースト

 

プレートに盛られたチレペースト。

 

チレペーストは脾臓も血を創る部位だからとの発想でペーストに。

 

それをクラッカー、

 

ドライいちじく、

 

葉っぱ(名前失念)

 

みんな載っけて一緒にいただきました。

 

フワとろメカブはかき混ぜてツルッといただきました。食感がいい。

以上がコース前半戦の内容でした。

これだけでもかなり満足しちゃいがちですが、まだ前菜にしか到達していません。

これからがコースの本番となります。

 

ってことで、ここで七輪が登場。焼肉らしくなってきました。

コース中盤戦に突入です。

 

焼き物:タン元、タン筋(ホルモン(12)~(13))

タン2種類。

使用ホルモン
(12)タン元(舌):レモン
(13)タン筋(舌):焦がしねぎだれ

タン元と、、、

 

タン筋。あまり見かけませんね。

 

広島県尾道産のレモンでいただきます。

 

まずはタン元から。

 

レモンをキュっと絞って。肉厚でうまーい。

 

タン筋。

 

筋だけあって脂が結構入ってるがわかりますね。

 

ねぎたれを載せてクルっと巻いていただきます♪ウマウマー。

そうそう。レモンはタンだけで下げられちゃうのでたっぷりかけちゃいましょうね!

 

焼き物:ハラミ、上ミノ、ヤン(ホルモン(14)~(16))

焼き物第2段はハラミ、上ミノ、ヤンです。

使用ホルモン
(14)ハラミ(横隔膜):本わさび
(15)上ミノ(第一の胃):塩
(16)ヤン(第二、第三胃の間):塩

 

ハラミは肉厚。

 

この分厚いのをどうやって焼けば良いのか、、、

 

頑張って立てたりしながら注意して焼きました。

 

良い感じに焼けた!

 

そのままいただきましたが、柔らかくておいしかったなー。

 

上ミノ。ホルモンの代表格の一つですよね。

ヤン。初めて見ました。牛は4つの胃を持っていますが、第2と第3の胃を間の部位だそうです。

 

上ミノとヤンは小さかったので一緒に焼いちゃいました。画像奥が上ミノで手前がヤン。

 

「良く焼きで!」と言われたんですが、どれくらい焼けば良いものなのか、、、

 

色も付いてきて、脂が落ちて炭から炎が上がったりして、何となくイケそうかなぁ。という感じまで焼いてみました。

 

上ミノ。タデギを付けていただきます。食感と脂感が良いですねぇ。

ヤンの写真撮り忘れましたがヤンも食感が面白くオイシかったです。

 

箸休め:ナムル

箸休めのナムルが出てきました。

 

脂強めのものも出てきたのでナイスタイミングでした。

 

小鉢:一口ホルモン牛丼(ホルモン(18))

ここでちょっとご飯物。ってことでハチノスを使った牛丼。

使用ホルモン
(18)ハチノス(第二の胃)

 

甘めに味付けさらたハチノスに玉子と紅生姜。

 

牛丼はかき混ぜて食べる派です。

 

うまいよ、ウマいよー。

 

箸休め:キュウリとエシャロット

箸休めにキュウリとエシャロットが出てきました。

 

器が涼感あっていいよね。

 

エシャロット。タマネギの一種なんですよね。

 

小鉢:コリコリもずく(ホルモン(20))

コリコリたけのこなるものが登場。

使用ホルモン
(20)コリコリたけのこ(大動脈)

 

コリコリたけのこって初めて見たけど、大動脈らしい。

 

もずくと和えて酢の物に。ホントにたけのこみたいな感じがしました。

 

焼き物:ミノサンド(ホルモン(21))

ミノサンドなるものが。色が違うのがわかります。これをサンドと言ってるんでしょう。

使用ホルモン
(21)ミノサンド(第一の胃の脂付き):ホルモン専用がとう三昧スパイス

 

ミノ(第一の胃)に脂が付いてるのをミノサンドと言うそうです。

 

ちょっと火を入れると胃の部分と脂の部分が合わさってるのが良く見えますね。

 

脂に火が入って炎が上がることも。

 

ホルモンらしい焼き加減になりました。

 

がとうスパイス(三昧とうがらし)をかけていただきます。

 

ちなみに三昧とは韓国、沖縄、栃木の3つの一味とうがらしを合わせたので三昧とうがらしと言うそうです。

 

焼き物:コブクロ、マルチョウ(ホルモン(19)、(22))

ホルモンらしいホルモンが続きます。

使用ホルモン
(19)コブクロ(子宮):がとう合法甘辛だれ
(20)マルチョウ(小腸):がとう合法甘辛だれ

 

コブクロってこんなんでしたっけ?

 

マルチョウはほとんど脂の印象が。

 

ちっちゃいのでコブクロとマルチョウは一緒に焼きました。

 

焼き加減がわかりません、、、

 

そろそろ行けるんだろうか、、、

 

がとうの合法甘辛タレを食べる直前にかき混ぜていただきます。

 

コブクロ。こんぐらい焼けば大丈夫でしょう?

 

がとう合法甘辛だれに付けたらホルモンっぽい!まごうことなきホルモンだけど。

 

マルチョウもがとう合法甘辛だれにつけて。脂とのバランスが良い。

 

飲み物:ガリハイボール、ジャスミン割り

飲み放題なのでガンガン飲んでも良いんですが、マイペースで。

友達がガリハイボール。私はホルモン専用お茶割り3種の中の一つ、ジャスミン割りです。

タンプラーのハッシュタグの色が赤黒の2種類あることが判明しました。

 

どの辺がホルモン専用なのかわかりませんが、ジャスミン割りは飲みやすかったです。

 

 焼き物:ネクタイ、のど軟骨(ホルモン(23)、(24))

焼き物が続きます。

使用ホルモン
(23)ネクタイ(食道):わさび
(24)のど軟骨(のど):マスタードマヨ

 

ネクタイは食道。

 

のど軟骨はのど。

 

だんだん大ざっぱになってきて、2種類いっぺんに焼きました。

 

ネクタイは本わさびで

 

クルっと巻いて。ほどよい辛さが鼻を抜けてきました。旨い。

 

のど軟骨はどうしてもクルルンと丸まってしまいますが頑張ってやきます。

 

マスタードマヨをかけていただきました。食感が良いですね。

 

強烈な焼き物:めんちゃん(ホルモン(25))

まがまがしいマークとともに説明書きと実物が出てきました。

使用ホルモン
(25)めんちゃん(盲腸)

 

皿の大きさに対する実物の大きさが危険度を表しています。

 

「エンジェル or デビル」の言葉も、、、

 

めんちゃんは盲腸のこと。カリカリまで焼くよう指示されているので良く焼きします。

 

縮まるかと思ったら広げれました。

 

良く焼きします。ただ炭の力がちょっと弱まってきてるのでカリカリな感じにまで持っていけません。

 

盲腸も腸なので他の腸の部位のような感じにも見えます。

 

カリカリまではイケませんでしたがかなり焼けました。

 

お店の方から「イケますよ」と言ってもらったのでチャレンジ。

ん?んんん?

クセが強い、香りが強いとのことで身構えて食べてみたんですが感想は、、、

「ホルモンらしいホルモンの香りと味がする」

普通、ホルモン屋さんでも焼き肉屋さんでもホルモン頼んだらこんな香りするじゃん。

そう思いました。

逆に言うと、ここまでそんな香りや味がまったくせず、旨味だけを味あわせてくれる「会員制ホルがとう、スゴくね?」と思い直したのでした。

 

お口直し:梅酒のシャーベット

強烈な焼き物をいただいたところで七輪が下げられました。

で、お口直しに。と出てきたのが梅酒のシャーベット。

 

シャリシャリ。ほんのり梅酒の味がしてお口リフレッシュ♪

以上で、コース中盤戦が終了。

 

赤身焼肉にくがとうのオーナーで、今回の「ホルがとう」の実行者でもある Go Miuraさんが登場。

お礼のあいさつをし、ちょっとだけマスクを外してもらってパシャリ。

 

役者も出揃い、いよいよフィナーレに向けコース終盤戦に突入です。

カセットガスコンロが出てきました。

 

そして「ホルがとうのホルモン1分しゃぶしゃぶの食べ方」が配られました。

 

読んでいると良い香りのする出汁が運ばれてきましたよ。

 

透き通った出汁。良いですねぇ。

 

そして、レタスと薬草が。

 

薬草は2種類入っているのかと思っていたら、片面が緑色、反対側が紫色の葉っぱでした。

 

鍋:にくがとうのホルモン 1分しゃぶしゃぶ(ホルモン(26)~(29))

しゃぶしゃぶ用のホルモンが運ばれてきました。

使用ホルモン
(26)シマチョウ(大腸)
(27)シビレ(胸腺)
(28)上ギアラ(第四の胃)
(29)コリコリサンド(大動脈)

 

シマチョウって小腸も大腸もあるのね。こちらは大腸。

 

シビレって言葉由来が良くわからないけど胸腺らしい。

 

上ギアラは第四の胃。

 

再びコリコリ登場。今回はサンドなので脂付きです。

 

番号の若い順から順番にいただくことにしました。

まずはシマチョウから。

入れただけで脂が出てきます。

 

タデギを載せ、ポン酢をつけていただきます。 脂の柔らかさと甘さがタデギの味とマッチして旨い!

 

続いて、レタスと薬草をしゃぶしゃぶした上にシマチョウを載せ、タデギ・三昧スパイスをかけて、レタスで巻きます。

 

ポン酢をつけて食べるとレタスとシマチョウの食感、脂の甘さとタレの辛さが複雑に絡み合ってうまーい。

 

次はシビレ。胸腺って何ですかね。お湯に入れると筋が入ってバラけ気味になりました。

 

タデギを載せ過ぎなぐらい載せてポン酢で食べるよう指示されたので、その通りにいただくと。うまい。

 

箸休め的な感じでレタスと薬草のしゃぶしゃぶ

 

特にレタスがヤメられない止まらない感があります。もっと食べたかった、、、

 

グレープフルーツサワーをお願いしました。鍋とサワー。合いますよね。

 

上ギアラ。ホルモンからどんどん脂が出てくと同時にホルモンに出汁の味がついていきます。

 

そこにタデギとポン酢。おいしーなー。

 

コリコリサンドは入れたらコリコリと脂の部分が分離していきました。

 

それを一緒にタデギとポン酢をつけていただきます。おいしい。

食べ終わると、鍋とコンロは下げられました。出汁飲みたかったなー。

雑炊:センマイテール雑炊(ホルモン(30)~(31))

しばらくしたら、ホルモンの雑炊キター!

使用ホルモン
(30)センマイ(大腸)
(31)テール(尻尾)

 

たっぷりタデギと三味スパイスをかけます。

 

かき混ぜます。

 

う・ま・い・♪ お代わりしたいぐらい。

 

アキレスマンゴーかき氷

いよいよコースも大詰め。デザートまでやってまいりました。

 

さすがホルがとう。デザートにまでホルモン入れてきましたよ。

 

アキレス腱って食べたことある人少ないんじゃない?

ナタデココみたいな食感でマンゴーが美味しかったです。アキレス腱の味はわからんかった。

 

お土産:赤センマイ・マルチョウ・その他のミックスカレー

Facebookにほぼライブで投稿してたので、無事、お土産をゲットできました。

 

お土産は赤センマイを中心としたホルモンミックスカレー。

 

持ち運びしやすいように平たい状態にして袋に入れて渡してくれました。

ありがとうございます。

タイミング見計らっていただこうと思います。

 

おわりに

始まったのが19:30で、終わったのが23:10。

と言うことは、3時間40分の長丁場。ありがとうございます。

あっという間の楽しい&美味しい時間を堪能させていただきました!

 

今回いただいた部位。

本当に牛一頭のホルモンをまんべんなくいたたいたことがわかります。

 

結果、和牛ホルモン一頭食い制覇したので、初段認定の認定証とステッカーをいただきました!

会員になったのでこれから何回でもイケるー♪

次回訪問時はめんちゃんを塩でいただけるように予約したいと思います。

ごちそうさまでした。

 

では、今回はこの辺で。