MENU

Mee Thai CREAMY TOM YUM (ミータイ トムヤンクンヌードル) で本場の味を楽しむ。酸っぱくない♪

クリックできる目次

Mee Thai SHRIMP CREAMY TOM YUM

どうやらMee Thaiと言うところの出したエビのクリーミーなトムヤンクンヌードルのようです。 ちゃんとパッケージには日本語が表記されています。 先日のタイの日清カップヌードルと同様に中に調味オイルなどが入っています。 考えてみると日本も以前はそうだったような気がします。技術の進歩なのか社会的な衛生?品質?への要請なのか、、、 ちなみに注意しなければいけないのが上フタの品質。注意しないと簡単に破けちゃいますよ。まあ、フタの上に本とか載せるんだったら大きな問題にはなりませんけどね。 SEASONING POWDER(調味スーブの素)とSEASONING OIL(調味オイル)が入っています。 説明書きによると先に入れろ。と指示がされているので先に入れちゃいます。 お湯入れて3分経ったら出来上がり♪ 本当にカップ麺考えて作った人って素晴らしいですね。

ミータイ トムヤンクンヌードル 実食

フタを開けるとフワーっとトムヤンクンのアノ香りが漂って、タイな世界に引きずり込まれます。 パッケージにSHIRIMPと書かれていた通り、小エビもちゃんと入ってます♪ 麺はちょっと固めブチブチ感があったけどスープはさすが本場。美味しかったです。酸っぱくないのが逆に新鮮だったかも。麺との相性も良かったです。 おそらくこのミータイのトムヤンクンヌードルがコンビニやイオン系スーバーなどで買えるのはタイフェアやってる日タイ修好130周年記念の期間ぐらいなんじゃないかと思うので、気になった方はお早めに確保を。 おもしろい!参考になった!という方は、よろしければはてなブックマークしていただけるとでぐっちが喜びます。 このエントリーをはてなブックマークに追加]]>

この記事、このサイトを気に入っていただけましたら、応援クリックをいただけると、筆者が泣いて喜びます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コンピュータ会社に勤めるサラリーマン。
Apple製品、電子小物など、新しいものが大好き。
インターネットビジネス、ブログ運営など、学ぶことが大好き。
グルメ、旅行、映画鑑賞、音楽鑑賞など、楽しむコトが大好き♪
でぐっちの知見と体験が世の中に広まり、役に立つことを願って。