庄内羊を一頭食い!〜羊がとう Lamb & Heaven に参加

こんにちは。でぐっち(@de_gucci)です。 2020年12月21日(月)。 にくがとうオーナーGoさんのプライベートな羊の会「LAMB & HEAVEN 肉師®編 by 羊がとう」に参加してきたのでご紹介します。

でぐっち

LAMB & HEAVEN 肉師®編 by 羊がとうとは

LAMB & HEAVEN 肉師®編 by 羊がとう は、焼肉にくがとうのオーナーであるGoさんが「羊食べたい!」という思いから開催しているプライベート会です。

さまざまな方とのコラボやテーマを決めて開催されています。

肉師®編と付いているのは、羊肉をさばいてくれる&幹事が肉師®だから。

今回のテーマはオーナーであるGoさんの地元、山形県の庄内で育てられた羊をいただいちゃおう。という企画。

本日の羊

山形県 庄内 はぐろ山形県 庄内 羽黒緬羊 品種:サフォーク

山形県鶴岡産のだだちゃ豆のさやを食べ、月山高原でのびのび育った羊のお味ははたして?

先日、五反田でいただいたカキホゲの半身なのはナイショです。

焼肉にくがとう33985田町三田店

LAMB & HEAVEN が開催されたのは、焼肉にくがとう33985田町三田店。

月曜日が定休日なのを利用して貸し切りで開催してくれています。

いつもは定休日なので電気消えてるんですが今日は点いてました。
実はあまりちゃんとサインとか見たことありません…

本日のメニュー

今回はシンプルに焼いて食べる。そして最後の〆は飲める羊モモでいただきます。

コース全容

LAMB & HEAVENは19:00開場、19:30開始です。

飲み放題

熊本焼酎と瓶ビール、そしてウーロン茶は飲み放題なので、会費の支払いを済ませて着席したら飲み始めてOKです。

ってことで、とりあえずテーブルの上に置いてあったビールから。

錫のタンブラーがビールの冷たさを倍増してくれました。
お疲れさまでーす。

調味料類

シンプルな焼肉メインってことで、調味料類がテーブルの上に準備してあります。

各テーブルにセットされた調味料類。
塩(左)、にんにく(右)
肉師®マサラ。肉師®による特別配合のスパイス。
ジンギスカンタレ(手前)、甘醤油(奥)

七輪登場

炭がいっぱいまで詰められた七輪。
すでにかなりの火力を感じます。
網さえ温まればいつても焼肉を開始できる状態です。

ウデ、モモ、スネ

左上から時計回りにウデ、モモ、ソデ

スネ

ソデから焼き始めました。
アブラ少ないですね。
さっと火を通していただきます。ウマっ!

モモ

切られて出くると部位が良くわかりません。
モモと言われたのでモモと認識。
臭みは全然なく、肉の旨さだけを味わえます。

ウデ

赤身肉部分。
しっかりとした感じがします。
火力が強いのですぐに火は通ります。
チャチャッ。と火を入れてじっくりと味わうのが最高です。

ロース、肩ロース

ロース(左)、肩ロース(中、右)

肩ロース

肩ロースから焼きます。
火力が強いのですぐに火が入ります。
脂が落ちて炎が上がります。

ロース

脂と赤身かしっかり分かれたロース。
大炎上するのでササッと火が入ったと思ったところでいただきました。

ネック

ネックつまり首。
普段あまり食べない部位な気がします。
案外厚みがあります。
クルクル回して全体に火が入ったところでいただきました。

レバー

ごま油登場。香りが良いですね。
規制が厳しくなった現在、生で食べられるのは馬と羊だと聞いています。
とは言っても火を入れていただくことにしました。
サッと火が入ったところでごま油塩でいただくと…幸せです。

牡蠣の人からのクリスマスプレゼント

この日はちょうど、Goさんともいろいろ企画・イベントもしている、牡蠣の人ことサトウゲンさんが関係者の方々を連れて忘年会として来ていました。

サトウゲンさんより「クリスマスプレゼント」としてアルミの包みが各テーブルに配られました。
開けてみるとセカウマの牡蠣が!
にくがとうのスタッフの方も「うらやましい~」と言ってました。
生でも食べられるセカウマの牡蠣。ちょっと火を入れて冷たくなくなったところでいただきました。ウマー。

ハツ、ハラミ

ハツ(左)、ハラミ(右)

ハツ

なんとなく鳥のハツ感があったので、コレはハツだな。とわかりました。
写真で見るとかなり火が入ってそうな雰囲気がありますが、火力の影響ですね。
食感が、もちろん味もオイシかった。

ハラミ

ハラミと言えば横隔膜。
筋膜なので脂少なめで美味しい。

スペアリブ、中バラ、タテバラ

スペアリブ(左)、中バラ、タテバラ

スペアリブ

脂三兄弟。まずはスペアリブから。
ちょっと火の弱いところへ退避。
この画像は結構スペアリプっぽいですね。

中バラ

脂三兄弟。中バラ。豪快に炎が立ち上ります。
焦げてるように見えるけど、実際にはそれほど焦げていません。脂感もありでウマいっす。

タテバラ

脂三兄弟。最後はタテバラ。
網に押し付けると脂が炭に落ちて炎が上がりますが、焼いてる分にはそこまでは。
脂のテリと肉の質感がヤバいですね。
うまーい。

切り落とし

解体していくと出てくる切り落とし。
スープなどに入れればいいんでしょうが、今回は焼肉で。
肉師®マサラをたっぷりつけていただきまーす♪

肉師®特製 飲めるモモ

焼肉が終わり、最後の〆に入ります。

白米登場。
白米に肉師®マサラをかけるだけで無限にご飯を食べられます。が、、、
飲めるロース登場!
にくがとうスタッフの方に焼いていただきます。
どんどん載せて。
全体に軽く火が入るように。
タレの香りが食欲をそそります。
ホントに軽く火が入ったところで出来上がり。
飲めるモモ肉師®マサラをたっぷりかけて、、、
いただきます!んっめぇーーー!!
今までの肉汁を吸ったマサラ、にんにく、タレを肉師®マサラをまぶしてかける。
にんにくも入れて。うまーーー!
ご飯お代わりして最後に肉師®マサラで。本〆。

中締め

今回はシンプルな焼肉だけということもあり、21:45ぐらいにすべて食べ終えました。

ここで「LAMB & HEAVEN」の掛け声で中締め。

ごちそうさまでした

今回、一緒に来てくれた友達が遠方からの訪問ということもあり、私もロマンスカーの時間があったので、ササッとお店をあとにしました。

ごちそうさまでした!