MENU

ついにLINEも360画像に対応!ますます加速するVR時代

クリックできる目次

LINEのお知らせに気づく

ふとLINEのお知らせを見たら新しいLINEアプリで360度画像に対応したとのお知らせが!

Android版にも同じ情報が流れていました。

これは試さずにはいられないですよね。

今まで

今までLINEで全天球カメラSamsung Galaxy Gear 360で撮影した画像はびょ〜んとなってしまいました。

選択しても横長画像です、、、

もちろん拡大とかはできますけどね。

なので、360度画像を見せたい人には、360度画像に対応しているFacebookに投稿したり、秘密のグループを作ってシェアしてました。

が、LINEでやり取りするのが主な人、グループの人はFacebookを見なきゃいけない。という一手間が必要だったり、中にはFacebookアカウントを持ってない人もいてシェアを断念するケースも。

これからは!

でも、これからはLINEしかしてない人も超安心。

新しいLINEアプリ、パージョン7.1.0では360度画像をLINEアプリから見ることができるようになったんです!

新しいLINEアプリで360度画像を見ると地球儀のようなアイコンと360の文字が表示されています。

トークで画像をタップすると画像が選択されます。地球儀のようなアイコンと360の文字。この段階では横長の画像のままです。

でも、もう一度画像をタップすると全画面表示になって、スマホの向きを変えたり、スクロールさせて360度画像を楽しむことができるんです!

Androidも同じ操作感でした!

これでまた、VR普及にはずみがつきました♪

これで全天球カメラSamsung Galaxy Gear 360の出番が増えます!

Galaxy Gear 360画像を共有する立場から見たLINE最大の弱点

見る側はLINEアプリの対応により、ますます裾野が広がっていくと思いますが、360度画像を提供する側、特に通常のLINE用スマホとしてiPhoneを使いながら、Samsung Galaxy S7 edge、Galaxy Gear 360を使っている立場からすると、LINEでの360度画像のシェアは超めんどくさいです。

それは、LINEが異なるスマホで同じアカウントを使うことができないから。

直接360度画像を相手のトーク、グループに投げることができないんです。相手またはグループに両方のアカウントを登録してない限りは。

でぐっちが確認している方法は次の2つ。

LINEを使う方法

1.Galaxy Gear 360マネージャからiPhoneのLINEのアカウントにトークで画像を送る。ノート、アルバムに送るとただの横長画像になります!

2.iPhoneで一旦、保存します。

3.保存した画像をiPhoneで共有します。

画像転送アプリを使う

iPhone/Androidの両方をサポートしている画像転送アプリを使って画像をGalaxy S7 edgeよりiPhoneに転送し、iPhoneのLINEから画像を共有します。

このとき注意しなければいけないのは、画像に手を加えないアプリを利用すること。便利機能としてサイズを圧縮するなど手を加えてしまうものは360度画像を360度ではない画像に変換してしまう可能性があります。

でぐっちが使っているのはPhotoSync。iPhone版は有料だけど、Android版は広告が出るけど無料です。

いずれにしても

今回のLINEの360度画像対応は、実際にはトークのみ。かつ、静止画のみの対応あり、まだまだ使い勝手はイマイチです。

それでも、これからますます360度対応が進んでいくと思うので、今のうちから慣れ親しんでおくのが得策だと思います。

あとはLINEが360度動画に対応し、TwitterとInstagramも対応すれば、SNS人口の8割以上はカバーできますね。

今年中に対応してくれないかな…と期待しておきます。

それでは今回はこの辺で。

この記事、このサイトを気に入っていただけましたら、応援クリックをいただけると、筆者が泣いて喜びます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コンピュータ会社に勤めるサラリーマン。
Apple製品、電子小物など、新しいものが大好き。
インターネットビジネス、ブログ運営など、学ぶことが大好き。
グルメ、旅行、映画鑑賞、音楽鑑賞など、楽しむコトが大好き♪
でぐっちの知見と体験が世の中に広まり、役に立つことを願って。

コメント

コメントする

クリックできる目次