3分でわかるAppleスペシャル イベント WWDC20基調講演のまとめ【2020年6月23日開催】

2020年6月23日午前2時。Appleのソフトウェア開発者会議、Apple World Wide Developers Conference、WWDC20の基調講演が今年はコロナの影響で無観客、ストリーミング配信で行われました。

久しぶりに最初から最後まで通しでスクリーンショットを800枚撮りながら見たので、簡単に基調講演の概要とその内容を厳選したスクリーンショットでご紹介します。

一部、スクショの比率がおかしくなってたり、動画コントロールが含まれてたりするのはごめんなさい。

WWDC20 基調講演 まとめ

今回紹介されたトピックは次のとおり。

  • iOS 14
  • iPadOS 14
  • AirPods Software
  • watchOS 7
  • Privacy
  • tvOS / Home kit
  • macOS 11.0 BIg Sur
  • Apple Sillicon

iOS 14

  • 表示できるホームスクリーンを選択できる
  • アプリをグループ化表示するApp Ligraryが利用できる
  • ホームスクリーンでウィジェット(widget)が使えるようになる
  • ホーム画面やアプリを利用中に動画再生などができるピクチャ・イン・ピクチャ(Picture in Picture; P-in-P)が使えるようになる
  • Siriが進化し、より多くの場面で利用できるようになる
  • 会話で使うことを想定した翻訳アプリTranslateが利用できる
  • メッセージアプリで、ピン(Pinned; ユーザ固定表示)、グループ、メンション(特定ユーザの強調)が使えるようになり、Memojiが進化する
  • 地図アプリでお店表示機能、(観光)ガイド機能、自転車経路表示機能が使えるようになる
  • Car Playで背景変更機能、地図アプリ機能、電気自動車用の充電ルート表示機能(EV routing)が使える
  • iPhoneがクルマのキーになりWalletで管理できる。人にも渡せる
  • アプリやNFC、QRコードで発見を容易にするApp Clipsが利用できる
参考 iOS 14 Preview - AppleApple

iPadOS 14

  • ウィジェットが使える
  • iPadで利用することを想定したデザインの採用
  • Siriをより多くの場面で利用可能に
  • 電話がかかってきたときの通知が最小化される
  • 検索機能が進化し、さまざまな検索窓でさまざまなものが検索可能に
  • Pencilの使い勝手が向上(検索窓で手書き文字が使える、メモアプリでPencilを使うと手書きの文字や線がキレイな文字・線になる(含む漢字))
参考 iPadOS Preview - AppleApple

Airpods Softwere

  • Apple製品でAirPodsがより使いやすくなる
  • 左右のAIrPodsで正面、左右斜め前、左右斜め後の音の調整をしてくれ、首を左右に振るとそれに追随して音を調整してくれる

watchOS 7

  • Apple Watch用のAppStoreの充実
  • Watch Faceの進化
  • Face Sharingが利用てきる
  • 地図アプリで自転車での道案内のサポート
  • ワークアウトにダンスが追加前後左右の腕の動き、垂直方向の加速度、心拍数などを勘案して算出)
  • 睡眠機能の強化(入眠サポート、起床時サポート、睡眠結果のレポート機能
  • 手洗いの自動検出機能(20秒間手を洗うよう計測・促す)
参考 watchOS 7 adds significant personalization, health, and fitness features to Apple Watch - AppleApple Newsroom

Privacy

  • プライバシー保護のため、データの最小化、デバイス上の情報保持、セキュリティ保護、透過的かつ提供情報を制御可能にするなどの取り組みをしていることのアピール
  • Sign in with Appleの提供
  • 位置情報の保護
  • 記録時のインジケータの表示
  • 追跡制御
  • アプリのプライバシー表示

tvOS / Home Kit

  • 家での利用について
  • Homeアプリのスマートデバイスの対応
  • Lightsアプリの提供
  • 監視カメラアプリの提供
  • XBOXのコントローラを利用可能に
  • ピクチャ・イン・ピクチャ機能が利用可能
  • tv+の宣伝

macOS 11.0 Big Sur

  • 新しいmacOS は macOS 11 Big Surに
  • 基本的にトランスペアレント(後ろが透けて見える)なデザインに(メニューバー、ウィジェットなど)
  • ウィジェットが利用可能に
  • メニューバーが透けて見えるデザインに
  • アプリ上部にアプリをコントロールするアイコンがそのときどきに応じてリアルタイムに変わる
  • メッセンジャーでピン留め、グループ、Mimojiが利用可能に
  • 地図アプリで(観光)ガイド表示、自転車経路表示などが可能に
  • Safariが高速に。また、プライバシー保護機能、拡張機能(Extensions)、ページ翻訳が可能に。はやりのスタートページ?が利用可能に
参考 macOS Big Sur Preview - AppleApple

Apple Silicon

  • Macが大幅に進化する日 = プロセッサにApple Siliconの採用
  • 2010年のA4プロセッサからCPUパフォーマンスは100倍に!
  • 2011年のA5XプロセッサからGPU場フォーマンスは1000倍に!
  • Macでハイパフォーマンスかつ省電力のApple Siliconを採用します!
  • アプリ作成時(Build時)にApple SiliconとIntelの両方をサポートするUniversal 2でビルドでき、シングルバイナリで提供できます!
  • マイクロソフト、アドビが対応します!
  • 現行のIntelプロセッサ用アプリはRosetta 2で動きます!
  • Linuxも含めた仮想機能も使えます!
  • iOS/iPadOSアプリが動きます!
  • Mac miniの筐体にA12Z、16GBメモリ、512SSD、macOS BIg Surベータ版、Xcodeを入れたDTK(Developer Transition KIt)を提供します!
  • 年末に最初のMacが出ます!
  • 2年でIntelからApple Siliconに移行します!

参考 Apple announces Mac transition to Apple silicon - AppleApple Newsroom

感想

見た感想から言うと、無観客だったのでいつもだったら聴衆がうぉー。パチパチバチ。っていう歓声と拍手がなく、どんどんスムースに進行したので休む間もなく疲れました…

でも、プレゼンされる方々はやっぱり話上手で私の英語のヒアリング力が上がったんじゃないの?ってくらいわかりやすかったです。(と思っているだけかもしれないけど)

iOSはiPhoneOSになるんじゃないかと言われてましたがiOSのままでした。

そして、予想通りMacのプロセッサ(CPU/GPU)がIntel/AMDから2年以内にApple製SoC(System on Chip)に切り替わることが発表されました。

要はiPhone / iPadと同じ石(プロセッサ; 演算装置)でMacが動くようになります。

最初のApple製プロセッサ A13が搭載されるMacは年内・年末には出されるとのこと。

個人的にはちょうどMacbook/iMacを切り替えようかなー。と思っていた時期なので、もうちょっと待ってみようと思いました。

iPhone / iPad / Apple Watch / Apple tv / Homepod そして Mac が同じ石で動くようになることで、ソフトウェア開発で考慮しなければならない事項がよりシンプルになり、効率が上がることが予想されます。

もっともiOS / iPadOSアプリもそのまま動くようになるみたいですけどね(^_^;;

次の10年を見据えた大幅な変更となる今年のAppleに目が離せません!

スクショ ギャラリー

オープニング スクショ

 

iOS 14 スクショ

iPadOS スクショ

AirPods software スクショ

watchOS 7 スクショ

Privacy スクショ

Home (tvOS / Home Kit) スクショ

macOS 11 Big Sur スクショ

Apple Silicon スクショ

クロージング スクショ