MENU

WordPress 5.3リリース。そろそろブロックエディターへの移行も検討すべき?アップデートすべきか否か、更新内容、注意点などをご紹介

クリックできる目次

WordPress 5.3アップデートすべき?待つべき?

WordPress 5.3は2番目の数字が2から3へと変更されるメジャーリリースの位置付けです。新機能なども含まれたものとなっています。 今回、8サイトのアップデートしましたが、
  • 素直にアップデートできたサイト…2サイト
  • 管理画面の応答が無くなってから数分経ってリロードすることでアップデートできたサイト…4サイト
  • いつまで経っても完了せずWordPress 5.3を上書きインストールすることでアップデートできたサイト…2サイト
という結果になり、75%は素直にアップデートできませんでした。 なので、
  • トラブル発生時に自分で対処できない方
  • 慎重派の方
はアップデートは控えることをオススメします。 どうしてもアップデートしたい方はトラブル対応可能な人を見つけて、その人にやってもらうことをオススメします。

WordPress 5.3 アップデート後の不具合について

2019年11月14日16:30現在、WordPress 5.2.4から5.3に8サイト更新しましたが、
  • 白画面(500 Internal Server Error)になってしまう
  • 記事が表示できない
などの不具合は見つけていませんが、
  • 管理画面が表示できない…8サイト中6サイトで発生
  • 数分待っての管理画面再読み込みで対処…6サイト中4サイト
  • WordPress 5.3のファイルの上書きによる対処…2サイト
となりました。
  • プラグインが動作しない
不具合は見つけておりませんが、何か不具合を見つけた際には情報を更新します。

WordPress 5.3 更新内容

日本語の公式ブログ「WordPress 5.3 “カーク”」にWordPress.orgの公式ブログ「WordPress 5.3 “Kirk”」の訳がアップされています。 長文のため要約を紹介します。

進化したブロックエディター

150を超える新機能とユーザビリティの改善がされているとのこと。 また、柔軟性のあるデザインを可能とする拡張が含まれています。

新テーマ Twnty Twenty

2020年も間近ということで新しいテーマ Twenty Twenty がリリースされました。 コンテンツ中央配置カラムでレスポンシブ対応しています。 バリアブルフォント Inter 書体も同梱しています。

ユーザ向けの改善

画像の自動回転

アップロードした画像が思わぬ向きになってて再アップロードしたことありませんか? WordPress 5.3では自動回転されるようになりました。

サイトヘルスチェックの改良

機能強化により問題特定がより簡単になりました。 ただし、WordPressの管理画面でメール設定が正しくされていることが前提となります。 私はメールが正しく設定されておらず、今回、ハマり、ファイルの上書きで対処する事態となりました。 私のようなことのならないよう、メール設定をしてください。

管理者メールアドレスの検証

上記の補完となりますが、管理者のメールアドレスが最新か定期的に確認されるようになりました。

開発者向けの改善

このブログの読者の方で開発者の方はほとんどいらっしゃらないかと思いますので、ポイントだけご紹介。詳細については元記事を参照ください。
  • 日付/時間コンポーネントの修正
  • PHP7.4互換性の向上

WordPress 5.3の開発に貢献してくださった方

英文の元記事を参照ください。

WordPress 5.3 更新手順

自動更新を有効にしていると自動的にWordPress 5.3にアップデートしている可能性もあります。 が、そうでない場合、手動で更新する必要があります。 [timeline] [tl title=’1.管理画面に下記のメッセージ「WordPress 5.2.4が利用可能です!今すぐ更新してください。」が表示されていたら「今すぐ更新してください」のリンクをクリックする’] [/tl][tl title=’2.「WordPress 5.3-jaに自動更新できます:」の記述があったら「今すぐ更新」ポタンをクリックする’] このあとデータベースの更新についての確認&アップデートが行われます。 [/tl][tl title=’3.更新が終了すると「5.3 WordPress」の画面が表示される’] 以上でWordPress 5.3への更新は終了です。 うまく行かない場合 記事数が多い場合など、アップデートが素直に行かない場合もあるかと思います。 私のところで発生した現象とその対処を紹介します。 現象1.管理画面がグレーのままとなる。

対処1.数分後に管理画面の再読み込みを実施する。

現象2.“Briefly unavailable for scheduled maintenance. Check back in a minute.”と表示される。

対処2.(私の場合)WordPress 5.3-jaをダウンロード、ローカルに展開し、FTP/SFTP等でファイルの上書きを実施。

現象3.「サイトで技術的な問題が発生しています。サイト管理者のメールを確認して指示に従ってください。」と表示され、メールも届かず、管理画面を再読み込みしても現象が一向に変わらない。

対処3-1.まず、設定画面で設定したメールアドレスにメールが届いていないか確認する。

対処3-2.(私の場合)WordPress 5.3-jaをダウンロード、ローカルに展開し、FTP/SFTP等でファイルの上書きを実施。

[/tl][tl][/tl][/timeline]

WordPress 5.3にアップデートして

WordPress 5.3にアップデートしたら、あれ?っと思いました。 何が変わったんだろうと思ったら、ボタンやラベルの表示が変わっています。 WordPress 5.2.4以前の表示 WordPress 5.3にアップデート後の表示。タイトル部分の枠が少し丸みを帯びたり、メディアを追加ボタンの枠、文字色、背景色が変わっています。 旧エディター(クラッシックエディター)でも変わっているので、ブロックエディターではもっと変わっているんでしょうね、、、 そろそろブロックエディターへの以降を本格的に考えなければ行けない時期でしょうか、、、 移行したら体験談を書きますね。でも、なかなか難しいな、、、 もうちょい悩ませてください。 では、今回はこの辺で。 [wordpress-release-list]]]>

この記事、このサイトを気に入っていただけましたら、応援クリックをいただけると、筆者が泣いて喜びます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コンピュータ会社に勤めるサラリーマン。
Apple製品、電子小物など、新しいものが大好き。
インターネットビジネス、ブログ運営など、学ぶことが大好き。
グルメ、旅行、映画鑑賞、音楽鑑賞など、楽しむコトが大好き♪
でぐっちの知見と体験が世の中に広まり、役に立つことを願って。

クリックできる目次