ロマンスカーミュージアム 〜海老名駅に隣接した施設はファミリーで楽しめます。ロマンスカーの展示だけではなく圧巻のジオラマも

2021年6月29日。2021年4月19日にオープンしたロマンスカーミュージアムを初訪問してきたのでご紹介。

ロマンスカー好き、小田急電鉄好きにはたまらない展示、そして新宿〜箱根の風景をデフォルメしたジオラマは圧巻でした。

あまりにたくさんの写真があるので、9割以上は「フォトギャラリー」の中に置いてあります。フォトギャラリーの部分をタップ、または、クリックしてご覧ください。

目次

ロマンスカーミュージアムの予約

2021年6月29日現在、ロマンスカーミュージアムへの入場は予約制となっています。

事前に小田急のロマンスカーミュージアムのページから、予約サイトPassMarketに入って、PassMarketで予約する必要があります。

PassMarketはYahoo!のチケットサイトなので、Yahoo!アカウントが必要となります。

この予約は入場制限の目的を兼ねているため、予約に関してはメールアドレスの入力だけ必要で、その他の住所や電話番号、クレジットカード番号の必要はありません。また、お金もかかりません。

オープン時刻である10:00から17:15まで、15分単位での予約が可能です。

入場を分散する意味もありますので、訪問する15分の間の時間で予約してください。

1人で10名分まで予約可能です。

PassMarketのアプリはiOSではないようなので、Safariなどブラウザでアクセスし予約してください。

ロマンスカーミュージアムへのアクセス

ロケーション

ロマンスカーミュージアムは小田急線海老名駅の西口に隣接しています。

相鉄線海老名駅、JR相模線海老名駅からも当然アクセス可能です。

反対側の東口にはビナウォークがあるので、クルマで来て、、、というのもありかもしれません。

駐車場について調べてないので現実的かはわかりませんが、、、気になる方は調べてみてください。

ただ、個人的には、新宿、町田、小田原、箱根湯本などから、海老名駅に停まるロマンスカーで訪問したいところです。

小田急海老名駅改札からのアクセス

今回はちょうどタイミングが合ったので、町田駅から10分ロマンスカーに乗って海老名駅へ。

海老名駅で乗り降りしたことはほとんどないんですが、階段上がって改札に向かったら「ロマンスカーミュージアム」の文字が。

手書き風?な案内もあるので改札出ての一歩目は間違えることはないでしょう。

とは言いつつ、その後の案内板での記述などがないため若干不安になりましたが、、、

駅舎から連絡通路に出てすぐ左側。

「ROMANCECAR MUSEUM」の文字が。

線路越えてすぐ、隣接した建物がロマンスカーミュージアムでした。

ロマンスカーミュージアムへの入場

先ほどの看板?のすぐ先に入り口があります。

SafariなどのブラウザでPassMarketにアクセスしてチケットを表示し、入り口にいる係員の方に見せると、受付手続きできるので、受付手続きを済ませます。

手のひらでの検温とアルコール消毒をして中に進みます。

2台ある券売機でチケットを購入します。大人(中学生以上)900円、子ども(小学生)400円、幼児(3歳以上)100円です。

購入後反対側の受付係の方がいるブースでチケットを渡すと、入場を示すパンチをして返してくれます。

このときLSEシミュレーターの予約をするか訊ねられるので、必要な場合は申し出てください。

入場するとロビーがあります。

順路に従って見学するときは、エスカレーターに乗って1階におります。

正面奥に飲み物の自動販売機、その奥にトイレがあります。

左に曲がると2階の展示スペース、ミュージアムショップへのショートカットができます。

また、上下階に移動できるエレベータもあります。

ロマンスカーミュージアムのフロア

ロマンスカーミュージアムは、1階、2階、そして屋上の3フロアで構成されています。

1階はメインの引退したロマンスカーの車両展示が中心。

2階は鉄道模型のジオラマとキッズ向けスペースが中心。

屋上は写真撮るの失念してますが、小さな展望デッキと喫煙スペースになります。

今回は順路に従って回ることにしました。

展示1:ヒストリーシアター

エスカレータを降ります。

Uターンすると、最初の展示であるヒストリーシアターとなります。

小田急電鉄の始まりの車両、モハ1の展示。

そして、シアターと言うだけあって、オシャレなジャズ&タップダンスを見せながらの小田急の簡単な歴史が映像で流れています。

時間測ってないけど5分ぐらいのショートムービーです。

展示2:ロマンスカーギャラリー

SE 3000形

外観

車内

運転席

床下

NSE 3100形

外観

車内

床下

運転席

LSE 7000形

外観

床下

HiSE 10000形

外観

車内

床下

ミニシアター

RSE 20000形

外観

車内

スーバーシート

ブルーリボン賞

運転席

床下

ロマンスカーアカデミアⅠ

複々線化事業

展示3:ジオラマパーク

新宿

下北沢

成城学園前

多摩川

町田

相模大野

鎌倉、江ノ島

海老名

大山

小田原

箱根湯本

箱根、芦ノ湖

展示4: キッズロマンスカーパーク

ロマンスカーアカデミアⅡ

インタラクティブアート

ロマンスカーシミュレーター “LSE(7000形)”

ミュージアムショップ

屋上

おわりに 〜ロマンスカーミュージアムに行こう!

2021年4月19日にオープンしてから2ヶ月とちょっと。

思ったよりも人出は多くなかったかな。でも、平日の午前中だったためか、小学生未満のお子さま連れが多かったような気がします。

現在閉鎖されていますがキッズ向けの施設もあったりするので、小さいお子さんがいらっしゃるファミリーの方は一日楽しめるのではないかと思います。

休日の動向はわかりませんが、これから夏休みのシーズンになったらもっと人出が増えそうですね。

大人の方も小田急電鉄の歴史やロマンスカーの展示、ジオラマなど見応えのある展示が多いので、ゆっくり楽しんでいただけると思います。

また、ロマンスカーミュージアム入口側の一角を占めるカフェスペースは入場料なくても、コーヒー、紅茶、ホットドック、ケーキなどの軽食はもちろん、ビール、ハイボールなどのアルコールも提供されています。

なので、休日の午後、ちょっと一息&軽くつまんで。というのもアリです。

ロマンスカー好きなら、いや、そうでない方も一度訪問してみることをオススメします。

私は記事書いてて、もうちょい細かいところ確認したいな。と思うところが多数あったので、近々再訪したいと思います。

では、今回はこの辺で。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コンピュータ会社に勤めるサラリーマン。
Apple製品、電子小物など、新しいものが大好き。
インターネットビジネス、ブログ運営など、学ぶことが大好き。
グルメ、旅行、映画鑑賞、音楽鑑賞など、楽しむコトが大好き♪
でぐっちの知見と体験が世の中に広まり、役に立つことを願って。

目次
閉じる