MENU

日清カップヌードル汁なしシーフードが発売されたので早速食べてみましたよ。

クリックできる目次

夏ドキッ シーフード

日清から暑い夏を乗り切るために!ってことで「夏ドキッ シーフード」シリーズが発売されました。ホントはノーマルのシーフードも「夏ドキッ シーフード」ロゴが入るんですが、在庫販売となっているのはご愛嬌。食品類は先入れ先出しが鉄則ですからね。 当ブログでも予告記事を書きました。 [blogcard url=”https://de-gucci.com/archives/13406″] ワクワクしちゃって今日は朝4時前に目が覚めちゃって大変でした(^_^;; (起きたのは本当。ワクワクしたのは…) カップヌードル汁なしシーフードは日清によると [speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”nissin.jpg” name=”日清”]「カップヌードル 汁なしシーフード」は、焼そばの最需要期である夏に向けたシーフード味の焼そばで、”湯切り” して食べる汁なしタイプの商品です。仕上げに特製イカ揚げ玉をふりかけて、いつもと違うシーフードヌードルをお楽しみください。[/speech_bubble] とのこと。一体どんなものなのか? [ga-dg-in-article-02]

カップヌードル 汁なしシーフード

かなり太めなパッケージです。これは焼きそばと一緒で一旦多めのお湯で戻すためですかね。 上プタも普通のラベルよりプラスチック感?が強いツルツルのフタになっています。 湯切りして食べるってことは、結局カップやきそばの一種ですよね。カップヌードルとは言ってますが。 「夏☆ドキッ シーフード」のマークが光ります♪ 上フタに絵が入ってしまっているので背面には文字がびっしり書かれています。 日本のカップヌードルには珍しくかやく、調味料が入っています。やきそば系ですもんね。 液体ソースとふりかけ。どちらも湯切りした後に入れるためのアイテムです。 中はこんな感じ。キャベツ、タコ、イカ、たまご、ネギなどいつものシーフードだけどカニかまがちょっと多めのような気がしなくもありません。 [ga-dg-in-article-03]

カップヌードル 汁なしシーフード 作成

お湯を入れて3分で湯切りをします。カップやきそばのようにお湯の注ぎ口の反対側に湯切り口があります。 結構しっかり湯切りできます。 湯切り完了。 ふりかけを入れます。 イカ揚げ玉でした。 続いて液体ソースを入れます。ちょっと失敗したのが、ソースの中身が油成分とソース成分が分離してしまっていたこと。ソースの袋を開ける前に振るなどして混ぜてあげた方が良いでしょう。 最初透明の液体で、、、(左)、後から濃い液体が、、、(右) かけただけだとまだらになってしまうので、よくかき混ぜてあげてください。 [ga-dg-infeed-text-01]

カップヌードル 汁なしシーフード 実食!

作成のところでも書きましたがソースが分離してしまっていて、かつ、混ぜ込みが足らない状況で、味のついてるところ、ついてないところが出来てしまいました。 でも、汁がないのにあの風味がして新鮮でした。これなら2つ、3つ食べれそう♪って、1つ450kcalあるので気をつけてくださいね♪ では、今回はこの辺で。 [buttons]  ]]>

この記事、このサイトを気に入っていただけましたら、応援クリックをいただけると、筆者が泣いて喜びます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コンピュータ会社に勤めるサラリーマン。
Apple製品、電子小物など、新しいものが大好き。
インターネットビジネス、ブログ運営など、学ぶことが大好き。
グルメ、旅行、映画鑑賞、音楽鑑賞など、楽しむコトが大好き♪
でぐっちの知見と体験が世の中に広まり、役に立つことを願って。