MENU

神楽坂 KINTAN の上遅得セットはおトク過ぎる!だって焼肉以外にローストビーフとカレーも食べれるんだよ!?

クリックできる目次

神楽坂 Kintan

神楽坂Kintanは東京メトロ飯田橋駅B3出口、神楽坂下の交差点からちょっと行った細い小道を東京理科大学方面に行ったところにあります。 モダンでおしゃれな建物です。建物を建築しているところから見ているので、こんなになるなんてびっくり♪ メインである夜の営業は焼肉とワインのマリアージュを楽しめるお店のようです。

KINTAN店内

入り口入ってすぐ右手がお会計コーナーになっています。 入り口正面には肉の冷蔵庫が。タンがぶら下がっています!! タンて切られた姿しか見たことなかったんですが、こんなだったんですね、、、 1階には個室スペースが2つあるみたいですが、メインは2階のようなので2階に上がります。 階段上がった正面が2人がけx5の長いテーブル。席の前後にスペースがあるので移動は楽です。 奥には2人がけのセパレートのテーブルが5つぐらいありそうですが今回私が座った席からは確認できませんでした、、、 長い席の向かいにはワインセラーがあります。結構な種類を揃えていそうです。 正面右手には6人がけのテーブルがあります。この右手奥がお手洗いです。 長いテーブルには2人に1つ分のロースターがあります。

KINTANメニュー

焼肉屋さんだけど結構な種類のメニューが。 平日の13時過ぎからの限定セットもあります。 また、期間限定のランチも。 加えて1,000円からとリーズナブルな週替わりランチもあり、今週はOMUTANハンバーグ。 もうちょい食べたい方向けにちょこっとメニューが。嬉しいですね。

上遅得ランチ

メニューが多すぎてどれにしようが迷ったんですが、平日、しかも13時以降限定という言葉に惹かれ、上遅得ランチ(1,500円)にしました。日本人って限定って言葉に弱いと思いません? 席に着くとすぐに食べ放題のスープ、サラダ、ライスが出てきます。 今日のスープは白菜と油揚げの中華風スープ。 何ドレッシングかはわからないけど、美味しいドレッシングのかかったサラダ。食べ放題です。 そしてライス。白米と十六穀米を選べます。悩んだ結果白米に。 そして、ご飯があるのに上遅得ランチにはミニローストビーフ丼が。 さらにこくまろミニカレーも付いてきます。 焼肉といえばタンは欠かせません。ネギタン塩。 焼肉は自分で焼き加減を調節できるのがいいですよね。うま〜い♪ そしてメインの焼肉セット。おいしそー。 玉子は焼きすき焼き用ですがしっかりトロリとした黄身です。 焼きすき焼き用のサーロインをさっと炙って溶いた黄身につけて食べる。至福の時です。 続いて、時間のかかりそうな栃木県産のあさの豚と国産鶏。昔の人なのでしっかり焼いて、、、 ボトルに入った焼肉のタレを取り皿に入れて、、、 あさの豚いただきます! 国産鶏もいただきます!! 焼肉の王道中の王道カルビ。 ほどよい脂がうま〜い♪ そしてハラミ。 うまいよ。うまいよー。 と食べたところで、ハッ!とこくまろカレーを食べてないことに気づき慌てていただきました。辛くはないけど確かにコクがあってうま〜い♪ 最後の締めにはクリームチーズのムースが。安易にアイスやシャーベットに逃げなかったことに拍手です! オーブンしてからずっと入ろう、入ろうと思っていたんですが、すぐに行列のお店になってしまい、なかなか行くことができなかったんですが、2か月経ってようやく食べることができました。 内容と質から行列ができるのも納得。広くゆったりとした店内で、ケムリのニオイも気にすることなく焼肉が食べれるのはとってもいいと思いました。 メニューいろいろあって制覇するのが大変そうですが、一つでも多くのメニューを食べるべく再訪します! 一度、訪問してみてはいかがでしょうか? 夜の神楽坂KINTANコースも気になります、、、誰か行きませんか? では、今回はこの辺で。 [buttons]

神楽坂KINTANはどこにあるの?

この記事、このサイトを気に入っていただけましたら、応援クリックをいただけると、筆者が泣いて喜びます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コンピュータ会社に勤めるサラリーマン。
Apple製品、電子小物など、新しいものが大好き。
インターネットビジネス、ブログ運営など、学ぶことが大好き。
グルメ、旅行、映画鑑賞、音楽鑑賞など、楽しむコトが大好き♪
でぐっちの知見と体験が世の中に広まり、役に立つことを願って。