弾丸旅行(案)2021年8月版

こんにちは。旅行と言えば弾丸旅行がほとんどのでぐっちです。

弾丸旅行は目的を最小限に絞って、そのため(だけ)にお出かけする、基本的には時間と費用を抑える旅行です。

2021年8月25日。Facebookに次のような投稿をしました。

前の日の晩に3月末までだと思ったパシフィック・ストーリーが今年の4月以降も継続していることに気づいたのと、10月~3月はオフシーズンでお安くなることか判明したので、自分の備忘録も兼ねて弾丸旅行したいことを書き出してみました。

目次

弾丸旅行(案)2021年8月版

①0泊3日日本最長路線バス八木新宮線乗車の旅

日本一とか日本最長とか一番に弱い日本人なので、日本最長路線バスにもその存在を知ってからずっと乗りたいと思っています。

新幹線を使えば、

  1. 朝イチの新幹線で京都、近鉄で大和八木へ
  2. 八木新宮線に乗る
  3. 新宮から特急で名古屋、名古屋から新幹線で戻る

というのがシンプルですが、せっかくなので、バスを使うというのもありかなぁ、と。

  1. 個室バス、ドリームスリーパーで大阪へ
  2. 八木新宮線に乗る
  3. 新宮または名古屋から夜行バスで東京へ

0泊3日。弾丸旅行っぽくなりました。

ただ、ドリームスリーパーが現在運休中なので実現するのが難しく、他の夜行バスで行くのが現実的な状況です。

ただ、夜行バスは4列シートは178cm、0.1tの身としては死んじゃうので、最低3列、できれば2列シートのバスを探して行きたいところです。

②1泊3日パシフィック・ストーリー(高速バス+大洗苫小牧フェリー)函館北海道新幹線の旅

去年(2020年の12月)に JRバスで行く‼お得なWEB周遊券の旅 in Kusatsu Onsen で草津温泉にバスで行った際に、サイトを眺めてから存在を知った パシフィック・ストーリー

東京駅~大洗港間と苫小牧港~札幌駅間は高速バス、大洗港~苫小牧港間はフェリーを利用して東京~札幌に格安で行けるプランです。

最安の期間だと片道11,000円。ピークはお盆前後で20,000円となります。下半期で一番高いのは年末、年始の18,000円。

モデルプランだと、東京駅を14:30に出発して札幌駅に翌日の15:48に到着。

逆方向だと札幌を15:00に出発して、東京駅に翌日の18:38に到着できます。

3月末までのときは東京~大洗港の直行便があったと認識しているんですが、現在は直行便がなく、水戸駅で乗り換える必要があります。

フェリーは大部屋プランが標準ですが、差額料金をフェリー会社に支払うことで寝台や個室などにアップグレードできます。

このパシフィックストーリーをそのまま使うのではなく、ちょっとアレンジするのがでぐっち流。

と言うのは、大好きな函館にもう何年も行けてないのと、北海道新幹線にまだ乗れてないから。

なので、これらも同時に体験しようと妄想を膨らませています。

パシフィック・ストーリーどおりだと、札幌に15:30に到着ですが、ここから函館に向かうと函館に到着できるのが19:30以降になってしまうのと、札幌~苫小牧間が重複してしまいます。

なので、苫小牧港で乗って、最初の停留所である苫小牧駅前で降りちゃいます。すると苫小牧に14:10着。

苫小牧14:17発の北斗14号に乗れれば函館に17:11に到着できます。

これだったら、函館に転勤している従妹に会いに行ったり、ゆうみんのラージャン麺食べたり、五島軒のカレーを食べたりすることも可能で、翌日の行動の幅が広がります。

翌日は、函館朝市、谷地頭温泉、湯の川の銭湯タイプの温泉、ラッキーピエロ、などなどを体験し、ハセガワストアでやきとり弁当を買って、函館北斗駅から北海道新幹線に乗って、初青函トンネルくぐって戻る。なんてことができるかなぁ。と。

③日帰り東武鉄道群馬攻略旅

上記2つは3日ぐらいかけて行く旅行ですが、パッと思いついたときに行ける、日帰り旅行の案もあります。

関東最大の私鉄と言えば東武鉄道。

でぐっち的には、上福岡の讃岐うどん條辺を訪問したり、小学生2~4年生のころ川越に住んでいたこともあり、JR東北線・高崎線よりも西側の東武鉄道はかなり馴染みがあります。

一方、浅草から日光や群馬方面に行ける、東武伊勢崎線や東武日光線方面はほとんど馴染みがありません。

祖母、叔父が竹ノ塚に住んでいたことがあり、また、千葉の船橋から川越に引っ越すまでの3ヶ月の間、家族で竹ノ塚にお世話になったりしたこともあって、北千住~竹ノ塚間ぐらいはちょっとだけ馴染みがありますが、それももう45年ぐらい前の話。

現在は高架になってるとのウワサを聞いたりはしてるものの、全然わからないというのが実状です。

なので、伊勢崎や赤城などの群馬方面や日光や鬼怒川、宇都宮と言った栃木方面に浅草から特急に乗って遠征してみたいです。

詳細詰めてませんが、

  1. 浅草から伊勢崎まで東武。帰りはJR。
  2. 浅草から赤城付近まで東武。わたらせ渓谷鐵道で終点まで行って東武日光に乗って戻る。
  3. 浅草から鬼怒川まで東武。そこから会津田島まで行って、帰りはJR。
  4. 佐野ラーメンを食べに東武で。帰りは両毛線で高崎または小山へ。
  5. 新栃木まで特急で行って、そこから東武宇都宮。宇都宮餃子食べて、帰りはJR。

なんかいろいろできそうですね。

少しずつ攻略していきたいと思います。

④日帰りひみつの平日パスの旅

休日おでかけパスのんびりホリデーSuicaパス は利用したことありますが、この平日版が ひみつの平日パス として2021年9月末までの期間限定で発売されています。

内容としては休日おでかけパスと同じで平日限定。値段も2,720円と全く同一です。

期間限定ということでプライオリティ的にはこちらが一番でしょうか。

ひみつの平日バスの北限?が両毛線の足利。足利からでぐっちの最寄り駅までのJRの運賃が2,640円。

なので、ちょっとお金はかかりますが、前述の東武鉄道の群馬方面攻略の帰りのきっぷとして、ひみつの平日パスを使い、途中下車したり、横浜から先まで足を伸ばせば元を取れる感じですね。

その他も、久里浜、小田原、大月、奥多摩、武蔵五日市、熊谷、小山、足利、土浦、成田、茂原、君津、上総亀山などに行けるので、ちょっとネタを考えてみたいと思います。

⑤昼行青森上野バス旅(※現在運休中)

昼行で走る一番長い距離のバス。弘南バスのスカイ号

元々は、函館弾丸ツアーの帰りの候補として考えていました。

その後、パシフィック・ストーリーとの組み合わせなども考えているんですが、もう1年半ぐらい運休している状況です。

早く運行再開しないかな、、、

⑥1日でぐるっと台湾一周鉄道の旅

九州ぐらいの広さだと言われる台湾。

ぐるっと一周鉄道が走っていますが、乗り継ぎ乗り継ぎで1日で一周できるというプランを見かけてから、ずっと実現したいと思っている弾丸旅行です。

その前からも、台湾新幹線に乗ろうと思ったら、開業が延期されてしまい乗れずじまいなので、台湾新幹線も乗りたいと思っています。

また、南部方面の昔ながらの車両にも乗りたいです。

以前組んだときには、フリーパスも活用して、朝7時ぐらいに台北出て、夜8時ぐらいに戻ってこれるな。と思ってました。

ただ、

  • 数年前、友達に会おうと思って実現直前まで行ったけど台風で断念
  • 地震で東部の鉄道が乱れる
  • 特急列車の衝突・脱線事故
  • 現在、渡航が難しい状態

などもあり、今しばらくは実現が難しいかな。と思っています。

⑦追加:フェリーで日本一周全泊船中泊の旅

Facebookへの投稿をした際に友達からもらったコメント「苫小牧〜大洗〜(JR)〜横須賀〜新門司まで接続いけますねw」を読み、日本長距離フェリー協会の航路案内 を見て、日本一周できるのでは、、、と考えました。

結果、反時計回り2プラン、時計回り1プランの計3プランができました。

反時計回り①:0泊6日(船中泊5泊)プラン

新航路である新門司~横須賀のフェリーを利用するプラン。

19:45(金)大洗
13:30(土)苫小牧
19:30(土)苫小牧東 ※土曜発のみ
07:45(日) 秋田
08:45(日)
15:30(日) 新潟
16:30(日)
05:30(月) 敦賀
19:50(月)大阪
08:30(火)新門司
23:55(火)新門司 ※日曜除く
20:45(水)横須賀

反時計回り②:0泊7日(船中泊6日)プラン

とにかくあちこち立ち寄りながらぐるっと一周するプラン。

19:45(金)大洗
13:30(土)苫小牧
19:30(土)苫小牧東 ※土曜発のみ
07:45(日)秋田
08:45(日) ↓
15:30(日)新潟
16:30(日) ↓
05:30(月)敦賀
19:50(月)大阪
08:30(火)新門司
19:00(火)北九州
09:20(水)徳島
11:20(水) ↓
05:30(木)東京

時計回り:0泊6日(船中泊5日)プラン

最初は出来ないんじゃないか。と思ってたんですが、思い込みを外したらできることが判明したプラン。

19:30(1)東京
13:20(2)徳島
14:30(2) ↓
05:35(3)北九州
19:50(3)新門司
08:30(4)大阪
23:55(4)敦賀
20:30(5)苫小牧東
01:30(6)苫小牧
19:30(6)大洗

内陸移動である北九州-新門司間と大阪-敦賀間にかなりゆとりがあるので、観光などもできそうです。

終わりに

つらつらと書いていたら、さらに案が出てきてやっぱり旅行プランを考える=妄想旅行は楽しいなー。と思いました。

現時点では、実現難しいのも簡単なのもあるけど、少しずつ実現できるように進めていきたいと思います。

では、今回はこの辺で。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コンピュータ会社に勤めるサラリーマン。
Apple製品、電子小物など、新しいものが大好き。
インターネットビジネス、ブログ運営など、学ぶことが大好き。
グルメ、旅行、映画鑑賞、音楽鑑賞など、楽しむコトが大好き♪
でぐっちの知見と体験が世の中に広まり、役に立つことを願って。

目次
閉じる