MENU

新春談笑ショー’22 ~立川談笑一門勢揃いの落語はもちろん漫才大喜利もある楽しい希少な会~

2022年1月16日。去年に続いて今年も国立演芸場で新春談笑ショーが開催されたので行ってきました。

立川談笑一門勢揃いで、落語はもちろんのこと、弟子による漫才、大喜利など盛りだくさんな楽しい会でした。

、、、ということで、やってきました国立演芸場。私が来たのは去年の新春談笑ショー以来???

近代的な建物ではあるものの、提灯と幕があるだけで古典な印象を醸し出すこの雰囲気が大好き。

検温、アルコール消毒、マスクチェック、来場票への記入など対策バッチリ。

今年はこの角度から。この舞台カーテンも大好き。富嶽三十六景。

日曜日ということもあって、17:30開場、18:00開演です。

今日のスケジュールが貼り出されています。今年も去年と同様の流れ。前半は落語、後半は漫才と大喜利です。

さすが国立演芸場。生のお囃子で幕開きです。

まずは五番弟子 笑王丸の開口一番から。ネタは道具屋。

続いて、総領弟子 吉笑のぷるぷる。今日は口が良く震えていたような気がする。

そして仲トリで師匠 談笑登場。マクラの中で、そういえば去年は寿限無だったな。と思い出しつつ、20年以上ぶりで聴いたことない人もいるんじゃないか?と言いながら始まったのは湯屋番。昔のブラック感もあって大笑い。

15分の休憩となっていたけど、仲入り入ったのが19:25と20分押しだったので、10分で切り上げて後半戦へ。

本当はナイツを呼びたいところなんだけど、コロナで会が開催されるかわからないのにスケジュール押さえるのも悪いので。

ということで、今年も漫才は二番弟子 笑二と三番弟子 談洲による漫才。希少な機会ってことで撮影OKに。

去年15分だったのに、今年は20分に伸びてる!それなら1人10分ずつやった方がいいのに。

とか、落語だったら一人で稽古できるのに、年末忙しいのに二人のスケジュール合わせて稽古して大変だとか、

談洲の顔の青白さに大丈夫?とか思ったりしつつ、掛け合いを楽しませてもらいました。

最後に師匠を司会、弟子が演者での大喜利。

座布団が4つある、、、

師匠が前座の2人を呼んで、座布団運びは1人でいいだろ。ということで、謎掛けで面白いこと言った方が出演できることとなって、、、

それぞれ謎掛けを披露した結果、、、

師匠が選んだのは笑えもん。兄弟子だし、経験積まさせるために、という師匠の愛を感じました。

去年は国立演芸場の舞台で現金が飛び交う大喜利でしたが、今年は師匠お手製の故人な名人の写真入りのトランプを使ったポーカー。まぁ、考えてみると座布団用意するのも大変だろうしね。

とは言うものの、この短い時間で手札ゼロの状態からポーカー成立するのかしら、、、

と心配してたんですが、師匠の出すお題に案外みんなバンバン回答して(笑えもんを除く)、手札の交換なども進みました。

笑えもんはかなりテンパってたけど、師匠の温かい配慮でなんとか。

結果的に、吉笑がスリーカード、笑二が役なし、談洲がツーペア、笑えもんがワンペアとなって終了。

最後に、今年の抱負を一人ひとり発表し、お開きとなりました。

  • 笑えもん … 今年は前座最後の年なので…と、師匠がまだ決めてないのに発言しちゃう半しくじり状態に
  • 談洲 … 来年は新春談笑ショーで落語したいと語り
  • 笑二 … 来年の漫才のネタ考えます。と笑いを取り
  • 笑王丸 … 破門されないように頑張りますとフレッシュにまとめ
  • 吉笑 … 来年真打になるべく、今年は二つ目最後の年になるように頑張りたい

今年も楽しくなりそうな立川談笑一門。

私は一門会と吉笑を中心に追いかけたいと思います。

この記事、このサイトを気に入っていただけましたら、応援クリックをいただけると、筆者が泣いて喜びます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コンピュータ会社に勤めるサラリーマン。
Apple製品、電子小物など、新しいものが大好き。
インターネットビジネス、ブログ運営など、学ぶことが大好き。
グルメ、旅行、映画鑑賞、音楽鑑賞など、楽しむコトが大好き♪
でぐっちの知見と体験が世の中に広まり、役に立つことを願って。

クリックできる目次
閉じる