MENU

麺処若武者特濃旨辛鶏台湾をゲット&実食。単なる辛いラーメンではなく鶏白湯のスープによる旨辛いラーメン

クリックできる目次

麺処若武者 特濃旨辛鶏台湾 パッケージ

麺処若武者 特濃旨辛鶏台湾は辛そうな想像をかき立てる赤っぽいパッケージです。 名古屋台湾ラーメンと書いてありますが、若武者のある場所は福島県の二本松市。全然違いますね。 店主の写真も入って宣伝バッチリ。よくある腕組みした写真ではなかったことに好感を持ちました。 上フタには特製油の小袋が付いています。 小袋を取ると商品名のロゴと作り方の説明が書かれています。 特製油は後入れタイプ。 原材料名など。 気になるカロリーは523kcal。 アレルギーは小麦、卵、乳成分、ごま、大豆、鶏肉、豚肉、ゼラチンに注意です。 上フタを開けると担々麺のようなひき肉が見えます。普通は豚肉ですが、これは鶏ひき肉です。

作り方

お湯を入れてフタをし2分待ちます。 2分経ったら上フタを外します。 特製油の小袋を開け麺の上にかけます。辣油ベースの油です。 かき混ぜたらできあがりです。

実食。いただきます。

では、いただきます。 台湾ラーメンは醤油ベースに辣油を加えた辛いラーメンなのが特徴ですが、このラーメンは鶏白湯スープというのが特徴。 辛さの中にコクがあるという、まさに旨辛の要素を持ったラーメンです。 縦型カップにありがちな底にスープの旨味がたまってしまう。という点はどうしてもありますがよくかき混ぜながら食べれば大丈夫。 辛いのが好きな方におすすめします。 ごちそうさまでした! では、今回はこの辺で。]]>

この記事、このサイトを気に入っていただけましたら、応援クリックをいただけると、筆者が泣いて喜びます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コンピュータ会社に勤めるサラリーマン。
Apple製品、電子小物など、新しいものが大好き。
インターネットビジネス、ブログ運営など、学ぶことが大好き。
グルメ、旅行、映画鑑賞、音楽鑑賞など、楽しむコトが大好き♪
でぐっちの知見と体験が世の中に広まり、役に立つことを願って。