MENU

鶴一家(横浜鶴屋町)で朝ラー♪地獄ラーメンスペシャル激辛に挑戦。さわやかな朝に地獄を見た!

2019年10月26日。月に一度の横浜鶴屋町に遠征しての定期診察が終わった後のお楽しみ、朝ラーの時間です。今回は24時間営業のラーメン屋さん、鶴一家を訪問しました!

先月はその後もう一つ2ヶ月に一度の定期診察かつ半年に一度の血液検査のため朝ラー出来ず。

その前の月はお腹空いておらず自粛。その前は近くで朝ラーやってる浜虎を訪問しました。

[card2 id=”63222″]

ということで、4ヶ月ぶりの訪問です♪前回の訪問記は次の記事。

[card2 id=”61982″]

クリックできる目次

鶴一家 外観

鶴一家は横浜鶴屋町にある24時間営業のラーメン屋さんです。

最寄り駅はJR/東急東横線/京急/横浜市営地下鉄が乗り入れる横浜駅です。

が、特に近いのはJRの一番東神奈川、川崎寄りの改札を出て左手のエスカレータ・階段を上がった、みなみ西口出口からが近いです。

鶴屋橋を渡って迷路の右手法で歩いていくと5分かかるかかからないかで鶴一家近辺に着くと思います。

近くに24時間営業じゃないけど、朝からやってるラーメン屋麺場 浜虎があります。

お店の目の前が大規模な再開発中で、建物がなくなり、道路が変わっていました。

お店の前には大きな24時間営業の立て看板かあるのでわかりやすいかと思います。

年季の入った暖簾。やっばり24時間出しっぱなしなのかなぁ(^_^;;

鶴一家 店内

店内は余裕がある広さで、10席ぐらいのカウンター席と4~6人がけのテーブルが3つ4つあります。

鶴一家 食事

ミニねぎ丼(400円)

ラーメン屋に来るとラーメンとミニ丼を食べるクセが付いちゃってるので、あると必ず頼んでしまうミニネギ丼。

ゴロっとしたチャーシューとチャーシューのタレがご飯にかかっててウマウマ♪

地獄スペシャル(激辛)(1,250円)+ほうれん草(100円)

過去に食べたこともあるのに、やっぱりチャレンジしたくなってしまう地獄ラーメン。

食べるならせっかくなので煮玉子、チャーシュー、のり増しのスペシャルを食べたくなっちゃいます。

辛さは5段階から選べますが、ここは一番辛い激辛を食べるのが男と言うもの。ウヒーっ!

今回はなんとなくほうれん草を追加トッピングしてみました♪チャーシューに隠れちゃってるけどかなりモリモリに盛られています♪

このしっとり目のチャーシューがこれまた好みなんですよねー♪そして煮玉子らしい煮玉子!

鶴一家 いただきます

辛い粉を混ぜる前にノーマルのスープを飲んでみます。

十分赤く、まぁまぁの辛さ。しかし、唐辛子系の辛いもの好きな私としてはもっと辛いのが好み。

麺は家の名が付くお店としては細めな麺。

途中から粉をスープに混ぜ混ぜしてガッツリ辛くしていただきました!

半袖ポロにパーカーという格好だったんですが、途中から頭から湯気が出てきて半袖一枚でヒーヒー言いながら、スープまで完飲しました(←絶対、体に良くない)。

いやー。久々に辛いラーメン食べるのも刺激があっていいですねー。

ただ、お腹の弱い人、辛いものが苦手な人にはまったくオススメしません。

自己責任で美味しく、楽しく食べてくださいね。

次回は地獄以外のを食べます!と宣言だけしておきます。

では、今回はこの辺で。

[tsuruichiya-yokohama-info]

この記事、このサイトを気に入っていただけましたら、応援クリックをいただけると、筆者が泣いて喜びます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コンピュータ会社に勤めるサラリーマン。
Apple製品、電子小物など、新しいものが大好き。
インターネットビジネス、ブログ運営など、学ぶことが大好き。
グルメ、旅行、映画鑑賞、音楽鑑賞など、楽しむコトが大好き♪
でぐっちの知見と体験が世の中に広まり、役に立つことを願って。

クリックできる目次